怖い話のまとめと解説

怖い話を解説付きで紹介

3年前の冬。あんまり幽霊を信じないできたが、一度だけおかしな経験をした。

3年前の冬。あんまり幽霊を信じないできたが、一度だけおかしな経験をした。
当時付き合っていた彼女と群馬県の渓谷沿いの古い温泉で1泊した。
人気がなく、清潔感はあったが、古い感じの旅館で。
温泉街自体も古く、つぶれた土産店などがあり、周りは鬱蒼とした渓谷。
予想に反して、さびしい温泉街だった。  
旅館で通された部屋は、1階。長廊下の奥で他の部屋とは少し違う感じだった。
午後3時頃なのに、薄暗く、館内にも人はまばら。
部屋は渓谷に面していたが、陽は十分に入らない。  
おかしなことは、その夜11時頃、彼女と大浴場から上がったときにあった。
大浴場は長廊下の先にあった。
その長廊下は、大体50メートルくらいだろうか。
途中でくの字型に緩やかに折れまがっていて、自分たちの部屋からは大浴場は見えないが、 ほぼ直線的な位置にある。
大浴場ロビーで彼女が挙がってくるのを待っていたのだが、
そこがどうも薄暗い。電気は落とされていて、あるのは長廊下の光だけ。

ミュート状態の古いゲーム機やUFOキャッチャーが置かれていて、 そのネオンが無音のなか光っている、そんな状況。
なんとなしに長廊下の折れまがったところを見ていたら
たくさんの浴衣姿の、年配の団体客ような男女がわらわらと右から左へ、長廊下を横切るように 階段を降りていく。
それを見た僕は、
階下にあると教えられていた渓谷露天風呂に向かう階段を降りていっていると思った。 彼女が戻り、長廊下を渡っていく。
そして、渓谷露天風呂の位置をみようと、 長廊下の折れまがったところに来て、団体客が降りていった階段をみる。
すると、 ないんだな。これが。
階段がない。 降りていく階段どころか、団体客が降りてきたと思われる階段さえ。
そこは何もない、普通の折れまがった地点。
「え?あれ?」と思って混乱する俺。
隣にいた彼女に事情を説明すると「(左から右へではなく)奥に行った人た
ちを見間違えたんじゃない?」と取り合ってくれない。

そんなはずはない。注意深く見ていた。 それに、あの姿は間違いなく、大浴場ロビーから見て左の階段から降りてきて、長廊下を横切り、 右の階段へ降りていく姿だった。
ぞっとした。階段どころか、人が通る道さえないじゃないか・・・。
部屋に戻って、気がついた。 あの団体客に、全く「声」や「会話」がなかったことを。
それだけじゃない。思えば足音さえも、全くなかった。古い木造の旅館だったから、あれだけ大人数が動けば足音が響くだろうに・・。顔も、皆一様に、下を向いていた。
次の日、受付で聞いてみた。 「団体のお客さんは宿泊されていますか?」 「ええ、少々お待ち下さい・・。昨日、今日では、いらっしゃらないですね。いかがなされましたか?」見てしまったな、 と思った。
にいくことを伝えると、その温泉町ではないが、すぐ近くの峠道が有名な心霊スポットになっていることを僕は聞いていた。

その道を、夜中に通ることになった。というのも、その時の宿泊プランは夕食抜きだったからだ。
「まあ温泉町なら何かしらあるだろう」と思っていたのは全くの見当違いで、
しなびた温泉町、夜中には何の活気もなく、飲食店などは全くなかった。
それで、その峠を通って、市街地にでることになったのだ。
食事を終えての帰り道、その峠道。そんな話を聞いていたものだから、彼女と「恐いねえ」という話しをしながら車で旅館に戻る峠道を走る。
そこで彼女が調子にのって、恐がらせてくる。
理由はあまり覚えていないが、なぜかとても腹立たしくなって、
僕は人気も車通りもまったくない、その峠道の途中で、車を急停止させ、エンジンを止め、ライトを切った。
驚く彼女。
僕もいまだになぜあそこでああいう行動に出たかわからない。
でもとにかくそれが間違いだった。
少し「心霊スポットでひやかしたりするの、やめてくれないかな。恐いでしょ?例えばこうしたら」と
カーステも消え、真っ暗で静かになった峠で、そう彼女に言う。

彼女が完全に引いてしまっているので車を出そうとすると(今思えば当たり前だ、情けないことをした)
「コツン、コツン」と2回、大きめの小石が車のボンネットに当たる音がした。
「何、今の?」と彼女。怒っていた僕は「さあ」と取り合わない。

 
オチがイマイチで申し訳ないが、実話なので許してほしい。
自宅に戻って数日、その心霊好きの友人にだけ、この話をすると、
「ああ、間違いなく、旅館に連れてきちゃったね。あるいはもしかしたらその旅館にもともといたのかもしれないけど。とにかく小石は乗車したよというサインだったと思うよ」
と言われた。
 
本当にそれと団体客がつながっているかはわからないが、
あの団体客の姿は、いまだに忘れられないおかしな光景として頭に残っている。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

2016年12月1日 | 怖い話 | 4 Comments »

昔救急外来で当直してたときのこと

昔救急外来で当直してたときのこと
夜中救急車で急患が運ばれてきたが、
車内で事切れており、病院で俺が死亡確認した
身元を調べるためかばんをみると、
藁人形とお札とろうそくと誰かのスナップ写真がいっぱいに詰まっていた
あれは気持ち悪かった

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2投票 合計8点)
Loading...Loading...

2016年11月28日 | 怖い話 | 4 Comments »

高校生の頃、道端で金を拾った。それも10円とか100円ではなく、500円玉を4~50枚ほど。

高校生の頃、道端で金を拾った。
それも10円とか100円ではなく、500円玉を4~50枚ほど。

バッグに入っていたわけではない。
自宅近くの交差点から川沿いの道を通り、
公園に行き着くまで直線にして大体2kmぐらいの範囲の道に、
ところどころ散らばっていたのだ。

貧乏学生だった俺にとって臨時収入といえるこの金は、
まさに渡りに船。今なら何らかの事件性も考えて、
警察に連絡するのかも知れないが、
当時の俺はそんなに生真面目な学生でもなかったので、ゲームを買ったり、
友達との交友資金に使ったりと、大切に使わせてもらったわけだ。

拾った金を使い切った次の日。
朝目覚めると、体が異常にだるく感じた。
全身の関節が痛み、喉が痛くて呼吸するのも億劫だった。
しばらくすると、登校時間になってもおきてこない息子を叩き起こそうと
鬼の形相をしたかーちゃんが、部屋の扉を乱暴に開けた。

「いつまで寝てるの!!早く学校行きなさい!!!」

そう怒鳴ったかーちゃんだったが、
俺の様子を見るとキョトンとした顔をしてベッドに近づいてきた。

「なに、あんた。熱でもあるの?」
「…………(うん)」
「早く言いなさいよ!悪くなったらどうするの!?」
「…………(大声出さないで、頭痛いの)」
「まったく、ちょっと待ってなさい。薬もってくるから」
「…………(ありがとう)」

何でかーちゃんってのは、子どもが風邪引くとあんなに優しくなるのかね?
普段からもう少しその優しさを出してくれれば良いのに。

閑話休題

それから三日間はひどいものだった。
40.0℃近い高熱が続き、水でさえも口に入れたらすぐに戻してしまう。
病院に行っても原因は不明。
とりあえず一日入院したら、嘘のように熱が引いた。
医者も首をかしげていたが、翌日には退院の運びとなった。
迎えに来てくれたのはかーちゃん。
「お昼ごはん何を食べたい?」ときいてくるかーちゃんに、
「別に何でも良いよ」と答えようとしていると、対向車線から
トラックが突っ込んできた。

かーちゃんは肋骨3本。
俺は右腕を解放骨折、右膝の前十字靱帯断裂と半月版損傷、
右脛骨粉砕骨折で病院に逆戻り。



入院中にもかーちゃんに癌が見つかったり、元気だった祖父が倒れたり、
家が火事になったり、彼女に振られたり。
つくづく不幸に見舞われた。

祖母が、「呪いじゃ!呪いじゃ!!」とテンパってた姿を今思い返すと少し笑えるw

でも当時は俺も連続する不幸が怖くなっていて、
一族の墓を任せていて、
昔から懇意にさせてもらっているお寺の住職さんに、
お祓いをしてもらうことになった。
住職さんは俺には別に何を言うでもなく、淡々とお祓いを終わらせた。
ただ、帰り際に「○○君、何を拾ったの?」と、ぼそっとつぶやいた。

「えっ!?」

驚いて振り返ると、住職さんはにやっとして続けた。

「落し物を簡単に拾ってはいけないよ。昔から憑き物(厄)を落とすには
わざと何かを落とすんだ。それはお金だったり宝石だったり様々だがね。
それらと一緒に憑き物(厄)を落とし、拾った者を身代わりにする。
まぁ、変なのは憑いてないみたいだけど、厄を背負ってるみたいだから
あと一年は注意しておきなさい」

住職さんはそういって寺の奥に引っ込んでいった。
正直それまでは幽霊とか信じていなかっのだが、
ちょっとだけ信じても良いのかなと思った体験だった。

そういえば、昨日職場の近くにダイヤの指輪が落ちていた。
誰でも分かりやすいところに置いておいたから、
落とし主が気づいていると良いけど。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2投票 合計6点)
Loading...Loading...

2016年11月25日 | 怖い話 | 6 Comments »

親戚限定だけど、人が死ぬ前に線香の香りがする。虫の知らせというやつ。

親戚限定だけど、人が死ぬ前に線香の香りがする。虫の知らせというやつ。

一番最初は小学生の時。
線香の香りがしたので、友達に「さっきお香の香りがしてたな」と言ったら、そんなものはなかったと言われた。
その一週間後に叔父が死んだ。

その後親戚が死ぬ一週間前くらいから、線香の香りがするようになった。
祖父の時には線香ではなく、何度も名前を呼ばれた気がした。後から聞いたら、ちょうど死亡した時刻辺りで恐怖した。

極め付けが叔母。
一ヶ月くらい、木を焼くのと線香の香りを混ぜたようなのが続いた。今までの中で一番はっきりと感じた気がした。
それがぱたりと止み、しばらくしてから家族から死んだのを聞いた。

実家暮らしだったから、親戚の病状とか聞いて無意識で勘が働いてたんだろうと思う。
けど叔母の時、もう一人暮らししてたから、そんな話は全く聞いてなかった。


大して怖くないけど、気分の良いものじゃないし、正直気持ち悪い。
自分は洒落にならないくらい怖い。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2投票 合計7点)
Loading...Loading...

2016年11月22日 | 怖い話 | 5 Comments »

もう4カ月も経ったし、体験した時の私的には怖かった話なので書き込んでみようと思います。

もう4カ月も経ったし、体験した時の私的には怖かった話なので書き込んでみようと思います。
もう少しで年末だというときのことです。
この体験をした時、私は仕上げなくてはいけない論文がありました。
なので、コタツに入りながら洒落怖のゆっくり朗読をBGMにして作業をすることにしたんです。
しばらく作業をしていると、私が以前にも聞いたことがある話が朗読され始めました。
私は1度聞いた話には興味がないので聞き流しながら作業を進めることにしたんです。
作業を進めていると、足の方にチクチクとした刺激を感じました。
足の毛が何かに当たっているような感じのするアレです。
まあ、コタツに入っているとよくある事なのでこの時は気にしていませんでした。
この感じはしばらくすると無くなると思うんですが、
この時は不思議な事にいつまでたっても無くならなかったんです。
でも、だいたいこの手のものは気になり始めたらどうにかしたくなりますよね。
私も気になってしかたなくなっちゃったんで、手でさすってチクチクを消そうを思ったんです。
何も考えずにコタツに手を突っ込んだら「ワサ」って感触が…。
ん?っと思ってコタツの中を覗き込んでみました。
ビビりました。
コタツの天井の部分から大量の髪の毛(?)が生えてたんです。
声にならない悲鳴をあげてのけ反りながら後ろに手をついてさらにビビりました。
床からも髪の毛(?)が生えてたんです。
ひきつった悲鳴をあげて手をどけた瞬間、髪の毛は床の隙間に引っこんで行きました。
床の毛が引っこむと同時に、コタツの中に入れっぱなしだった
足のチクチクした感じも無くなりました。
ハッ!とし、急いでコタツから出てビビりながら中を覗くと、中はもう普通のコタツの中でした。
この後何日かしても、もう不思議な事は起きませんでした。
怖いというより、不思議な話だったかもね。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2投票 合計5点)
Loading...Loading...

2016年11月19日 | 怖い話 | 5 Comments »

8年くらい前、友人が大学に入り、一人暮らしを始めて間もなかった頃。

友人から聞いた話

8年くらい前、友人が大学に入り、一人暮らしを始めて間もなかった頃。
当時住んでいたところは、築3年の綺麗なアパートで、周辺の土地にも特に曰くなどはなかった。

友人が帰宅し、いつもどおり風呂に入っていると、風呂場の窓の向こうを白いものが行ったり来たりするのが見えた。
すりガラスなのでぼんやりとしか見えなかったが、大きさはバスケットボールより少し大きいくらい。
ガスメーターがそばにあったので、ヘルメットを被ったガス会社の職員だろうと思って特に気に留めていなかった。

それから、周に1回ほどのペースで、その白い頭を目にするようになった。
ガスメーターの点検にしては頻繁すぎるし、夜遊びやバイトから帰って
深夜や早朝に風呂に入っているときも現れるので、さすがに不審に思った友人は
次に現れたら、窓を開けて姿を確認しようと考えた。

ある日、バイトから帰って風呂に入っているとき、その白い頭は現れた。
友人はすぐさま、浴室の小窓を開けて外を確認した。
しかし、浴室の小窓では見れる範囲が限られており、姿を確認することはできなかった。

モヤモヤした気持ちのまま小窓を閉めた瞬間、スっと小窓の横から白い頭が現れた。
今度は完全にこちらに顔を向けた状態で。
それはヘルメットを身に付けたガス会社の職員ではなく
和装の婚礼装束の被り物を身に付けた真っ白な顔の女性だった。
すりガラスなので目鼻立ちまでは確認できなかったが
口だけは真っ赤な口紅で確認できた。
口が異様に大きく、ニターと笑っていて口の中は真っ黒だった。

友人は恐怖のあまり、風呂場を飛び出して適当な服をひっつかんで着ると
濡れた体のまま近くのコンビニに駆け込んで朝まで過ごしたそうな。
その後親に頼み込んで引越しさせてもらい、転居の日までは
友達の家を転々としながら過ごしていたらしい。
今のところそれ以来何も起こってないそうだ。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1投票 合計4点)
Loading...Loading...

2016年11月16日 | 怖い話 | 7 Comments »

北海道札幌市には平和の滝っていう心霊スポットがある

北海道札幌市には平和の滝っていう心霊スポットがある
心霊スポットっていってもシーズンになると蛍が見れるから例えば夏休みに肝試しに行こうってことになっても
心霊スポットであることを知らないであろうカップルやら家族やらが普通にいたりするところ

今から10年以上前、俺が高校時代の夏休み
高2の夏休みだから部活以外にやることはなくその日も母親がいなく父親も仕事で家に中々帰ってこない半分1人暮らし状態の友達の家に泊まりに行ってた
でもやっぱりしばらくするとやることがなくなり女子も誘って肝試しをやろうってことになった
急な誘いにも関わらず男子4人女子3人というメンツが集まった

どこへ行こうかって話になったんだけど学校はまずダメ
うちの学校は当時比較的明るかったし以前夜学校に侵入したのがバレて次やったら停学、何か問題を起こしたら退学にすると脅しをかけられていたから
そこで名前があがったのが平和の滝だった
俺はそこが蛍の名所であることも知ってたけど蛍を見たことがない上に正直霊を全く信じていない俺は蛍見た方が楽しいかなと思って黙ってた
チャリで40、50分くらいの距離だしちょうどいいやと思って俺たちはそこに向かった(女子はチャリじゃなかったので2ケツ)

しばらくして到着
ホタル見たさの人は誰もいなく石碑なんかもあったりしてやはり中々の臨場感
平和の滝って名前の割には自殺が多い場所で深夜に滝に行くと滝の上から誰かが手招きしてるとか
写真を撮ると滝の中に顔が無数に浮かび上がってるように見えるとかそんな程度の心霊スポット
それでも俺たちはこえーwwとか言いながらワーキャー盛り上がってた

で、滝の方に向かってくわけなんだけど何かがおかしい
何がおかしいのかはわからないけどとにかくおかしい

―――静かすぎる

1分前までみんな盛り上がってたのに誰も声を発しない
怖いなら怖いなりに声を出してもいいはずなのに
静かな理由がすぐにわかった

声は出さないんじゃない、出せなかったんだ
他の人がどうだったかは知らないが少なくても俺は出せなかった
それどころが足を止めたいのに止めることが出来ないし顔を動かすことも出来ない
自分の体なのに言うことを全く聞いてくれなかった

そのまま俺たちは滝の前まで強制的に連れてこられて立ち止まった
一刻も早く帰りたかったが滝から目を離すことができなかった

そのまま俺たちは滝の前まで強制的に連れてこられて立ち止まった
一刻も早く帰りたかったが滝から目を離すことができなかった

暗闇に目が慣れ滝に1人の男の子?がいるのがわかった
その子はこちらに背を向けて体育座りをしている
一目でその子がこの世のものではないとわかった

その時滝の音が止まった
止まるはずはないんだが確かに聞こえなくなった
それと同時に鼻歌みたいなのが聞こえてくる
聞いたことがあるメロディー
「あんたがたどこさ」だ
ずーっと前に学校へ行こうっと番組でこの歌を使ったくだらない遊びを紹介しててそれが小学生の弟たちの間で流行ってたから聞き間違いではない
間違いなく「あんたがたどこさ」だ

その歌が中ほどまでくるとその子がすっと立ち上がった
ゆっくり、ホントにゆっくりとその子は体ごとこちらに向けていく
怖かった
顔を見たら死ぬんじゃないかと感じた

その子が完全に横向きになったあたりで後ろでドサッと誰かが崩れ落ちる音が聞こえた
それと同時に「逃げろ!!!!」と大きな友達の声が聞こえた
体がいつの間にか動く
俺は腰を抜かしてる女子を半ば引きずるように立たせ手をひきながら力の限り走った

滝の音がする
が、「あんたがたどこさ」は止まらない
それでも俺たちはチャリに飛び乗って無我夢中でこいだ
夢中でチャリをこいでいるとコンビニの明かりが見えた
気付かなかったがいつの間にか「あんたがたどこさ」も止まっており俺たちはやっと解放されたと思い一安心した

その後特に異変はなかったがあの歌を最後まで聞き、あの子の顔を見たらどうなっていたのか今でも怖くなるときがある
滝壺への投身自殺、公衆トイレ内での焼身自殺、首吊り自殺
自殺のメッカでもあるその場所とあの子は無関係なのか、今でもわからない

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1投票 合計2点)
Loading...Loading...

2016年11月13日 | 怖い話 | 4 Comments »

うーん、「死ぬほど怖い」なのかどうかは、ちょっと自分では判別不能なのですが、実際にあった、怖い話をします。

うーん、「死ぬほど怖い」なのかどうかは、ちょっと自分では判別不能なのですが、
実際にあった、怖い話をします。

私の母は、お寺の子供で、元々小さい頃から人魂なんか普通に見てきたそうです。
私にもそういう力が宿っているのかどうかはわかりませんが・・。

それは、小学校5年の時の臨海学校(お泊り)の時です。
場所は、伊豆のとあるところです(場所名を言ってしまうと現地の観光業に差しさわりが
あるかもしれないので、それはご容赦ください)

私たちの宿は、なんと「廃校」でした。
元教室に、畳を敷き、そこに40名くらいが一堂に寝るのです。
その校舎はもちろん木造で、2階建てでした。私が泊まったのは一階の教室です。
その教室は廊下に面していて、廊下の外は3メートル位の敷地があり、その背後は急な
山の斜面になっていました。
その廊下沿いに、教室が並んでいるわけです。私達生徒は、1クラス1教室に布団を敷き
雑魚寝です。

昼間は海で水泳訓練などをやり、夕飯を食べ、布団を敷いて9時くらいには皆寝ました。
ところが私は夜中(時計は持っていないので時間はわかりません)にトイレに行きたくなり、
目が覚めました。トイレは校舎の外です。
私が寝ていた場所は、廊下に一番近い教室の出口ぎわでした。
夏なので教室のドア(引き戸)は開け放しのままですので、廊下から山側の外が丸見えです。
そこで、外を何気なく見てみると・・

なんと、廊下の外の庭に、トレパン姿で中腰のまま動かない20人位の小学生位の子供の姿が
あったのです。そして、不思議なことにその真ん中に、長い髪で白い着物を着た女の人が立って
いるのです。
心臓が凍りつきました。彼らは静止画のように微動だにしません。真ん中の女の人の顔はよく
わかりません。
私は極度の近視なので、枕元に置いていたメガネをかけて、もう一度廊下の外を見ました。
でも、います(orz)。わざわざメガネをかけなおして見ても、いたのです。

これは・・・と思うと怖くてトイレに行けません。そこで、隣に寝ている親友を揺り動かし
起こそうとしました。でも親友は起きません。
そこで、また廊下側の外を見ました。
やはり、います。彼らは皆、動かない中腰の姿勢で、真ん中には白い着物の女の人・・。

私は必死でトイレを我慢し、目をつぶっていました。
気が付くと、外が明るくなっていたので、再度外を見ました。

もう、いません。彼らの姿は煙のように消えていました。そこで安心して、外の
トイレに行きました。

一体、彼らはなんだったのでしょう。空襲でやられたのか?山崩れでやられて埋まって
しまったのか?当時はそんなことを考えていました。

トイレに行った後、何人かの生徒が起きて、布団の中でごそごそ話をしていました。
「なあ、お前、あれ見たか?・・」そんな声に聞こえました。
それで、ああ、私以外にも何か見た人はいるんだなあ、と思いました。

きっと、その廃校では昔、何か不幸があったのでしょう。
それはなんだかわかりません。でも、メガネをかけなおしても見えるものは見えたのです。
私がはっきりくっきり見た、生涯で一番鮮明な体験です。人に言ってもしょうがないのですが。
これとは関係ないのですが、霊的な体験はその後2回位ありました。後日またお話します。
ただ、大人になってからは全然そのような体験はありません。やはり、子供のうちの穢れ
ない時の方が、よく見るのではないでしょうか。

あんまり怖くなくてごめんなさい。また後日、別の体験を・・。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2投票 合計5点)
Loading...Loading...

2016年11月10日 | 怖い話 | 6 Comments »

« 前のページ

コピペ検索

  • 意味が分かると怖い話 (645)
  • 怖い話 (1,911)
  • 実際の事件 (29)
  • くねくね (9)
  • 怪談・都市伝説 (26)
  • 2ちゃんねるのスレッド (8)
  • その他 (4)
  • 心霊ちょっといい話 (19)

  • カテゴリについて

    評価の高いコピペ

    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    老人『本当にこれで若返れるのか?』
    ちょっとムシャクシャしてるから、ちょっと猫を虐待しようかと思う。
    ⇒もっと見る

    リンク

  • 怖いコピペBot(Twitter)
  • 意味怖コピペ評価順
  • 携帯版(QRコード)
  • RSS