俺の息子は、時々、(写真でも、画像でも)人の顔をじっと指さすという、妙な癖があった。
指をさされた人物が必ず3日以内に死ぬ、と言うことを知ったのは、つい最近のことだ。
今日も、テレビをつけようとしたとき、息子は、じっと画面を指さしていた。
付いたテレビには、大物議員の姿が。
へえ、こいつも死ぬのか。
テレビをつける前から息子はじっと画面を指さしていたので、
息子は大物議員を指さしていたのではない。
父親はテレビを見ようとしていたので、テレビの前に座っていると考えることが出来る。
つまり付く前の画面には反射した父親の顔が映っている。