兄が狂乱し、家族を皆殺しにした。すぐに兄は逮捕され、死刑となった。
妹は幸運にも生き延びたが、事件のショックで記憶を失ってしまった。
父も母も失い、記憶もない。空っぽな心で無気力なまま生きていた妹は、ある日占い師と出会い、自分の過去を占ってもらうことにした。
「何故兄は発狂したのでしょう」
「いいえ、アナタの兄は冷静でした」
「何故家族を殺したりしたのでしょう」
「いいえ、兄が殺したのはひとりだけです」
そして妹は全てを理解して、泣いた。
 発狂したのは父か母のどちらかであり、
 妹が殺されそうになったので、止めるために殺したという説が有力である。
 他にも発狂したのは妹であり、
 兄は発狂したのは妹ではなく、自分であるように見せかけて自殺、
 妹には事実が悲惨すぎるため、
 誰かが、兄は死刑になったと伝えたという説もある。
 妹が涙した事、記憶喪失になった理由などは下の説の方がしっくり来るが、
 死刑になったかどうかは調べれば分かる事、
 何も知らない妹が、占い師の発言から普通下の説は思い浮かばないと思うことから
 上の説の方が有力であると言える。