昨晩、飲み過ぎたせいかどうやら寝過ぎてしまったようだ。しかし今日は代休で休み。
人が働いてる時に休みなんてちょっとした優越感を感じながら重たい瞼を擦りながらテレビを点けた。
テレビに目を向けると司会者と観客の「それではそろそろお友達を・・・」「え~」と何時ものやりとりが行われていた。
「さて今日は何をしようかな・・・。」と独り言を呟いた時に不意に携帯が鳴る。
どうやら彼女からの電話のようだ。
「もしもし・・・」
「あ、おはよう。今日、いきたい所があるから一緒にいってもらっても良い?」
そう言えば前にもラーメン屋に一人で入るのが恥ずかしいとか言って付き合わされたっけ。
その日は特に予定も無かったので二つ返事でOKした。
「ありがとう。じゃあ、今晩部屋まで迎えに行くから待っててね。」
そう言うと彼女は電話を切った。
しかし酷い二日酔いだ。先程起きたばかりだが耐え切れず俺は再び横になった。
誰かが喋ってる声で目が覚める。
どうやらテレビを点けたまま眠ってしまってたようだ。テレビでは午後のワイドショーがやっていた。
その番組を見た途端に眠気が一気に吹き飛んだ。
どうやら今朝に大規模な列車事故があったようだ。しかも俺がいつも利用している路線だ。
「もし今日休みでなかったら巻き込まれていたのでは・・・」そう考えたら背中がゾッとする。
テレビでは犠牲者の名前が読み上げられていた。
そして一人の名前を聞いた時に全身の血が凍るような感覚を受けた。
彼女の名前がそこにあったのだ。
ひょっとしたら同姓同名かも。俺は祈る様な気持ちで彼女の携帯に電話をかける。
だが無情にも「おかけになった番号はお客様のご都合により・・・」
何度も何度もかけても彼女の携帯には繋がらない。
全身に絶望が襲い掛かる。そんな時に携帯が鳴る。
「彼女からだ!」俺は慌てて携帯に出る。しかし電話の向こうは彼女の妹だった。
「・・・もしもし・・・姉さん・・・死んじゃった・・・一番被害が酷かった一両目に乗ってたらしく即死だったって・・・。」
その後、電話を切った俺は放心状態でしばらく動けなかった。
しかし冷静になるにつれ彼女の事で頭が一杯になる。
昨日まであんなに元気だったのに。
今日電話で話したのに。
今晩一緒に出掛ける約束をしたのに。
膝から崩れ落ちると俺はたまらず号泣した。
 「笑っていいとも」のテレホンショッキングは昼の12時ごろに始まる。
 よって電話で、今晩一緒に出かけるという約束をしたのは午後である。
 それに対して列車事故は今朝にあった。
 つまり、電話がかかってきた時点で彼女は死んでいる。
 死んだ彼女が今晩家に来て、一体どこへ連れて行くのか。