・ナポリタン系
 ある日、私は森に迷ってしまった。の様に、元々は意味があったものの、誰かによって文章を変えられてしまい、意味の無いコピペになってしまったものを言う。
 最近では普通に「意味の無いコピペ」全体に対して言う事が多い。

・ウミガメのスープ系
 ある海辺にレストランがありました。の様な問題を誰かが一つ出し、それの解答を他の人が答えて行くというクイズの事を言う。
 基本的に「誰かが問題を出す」→「他の人が正しいと思われる解答を答える」→「正解が出なかったらヒントを追加していく」という形式で行われる。
 しかし、意味が分かると怖いコピペ用の掲示板でも問題の部分だけがたまに貼られる事があり、そういった場合誰もヒントを出してくれないため、当たり前だが解答が分からない。
 そういった経緯から、意味が分かると怖いコピペ掲示板では「文章に書かれていない事が多過ぎて答えの分からない話」全般の事を指す場合が多い。(とある焼却炉から遺骨が見つかった。 の様な話)
 要するに、問題を難しくしようとし過ぎたせいで、書いた本人にしか答えが分からないコピペの事もウミガメのスープ系に含まれるようになってしまった。
 また、男はアイドルAに夢中だった。の様に、一見解答がいくつも考えられる様に見えるが、話の伏線などを考慮して考えると一つに絞れる、上手なコピペの事もウミガメのスープ系と呼ばれる事がある。
 つまり、ウミガメのスープ系とは掲示板や使われる場面によって意味の変わる、結構複雑な用語なのである。

・竹田シリーズ
 心霊現象など完全に信じない、竹田という名前の人物が出るコピペの事を言う。
 この竹田が登場する話のほとんどは、解答が何通りも考えられる様なものであり、正しい答えと呼べる物が無い。

・Kシリーズ
 Kという名前の人物が登場するコピペを言う。
 話の中で誰かが殺された場合、ほぼ間違いなくKが犯人である。
 ただし、たまたま登場人物の一人をKという名前で書いただけの話もある為、Kが登場する=Kシリーズという訳ではない。

・Tさんシリーズ
 寺生まれのTさんが登場するコピペを言う。
 他の怖いコピペのオチをTさんが法力等を使って変えてくれる。寺生まれってスゴイ。

・ポワポワウフフ
 ポワポワウフフの事を言う。たまに「ポワウフフる」といった動詞系で使われる。