私は最近、登山を始めた。
ある日、山を登っていると、居合わせた女性と仲良くなった。
彼女は慣れていてベテランのような感じがした。
始めて二ヶ月の私は付いていくことにした。
彼女はいろんな話をしてくれた。
仕事が上手くいっていないこと。彼氏に振られたこと。
私は話を聞き、相談にも乗った。
山の頂上近くまで来た所で、彼女は花を摘んでくると言って行ってしまった。
その時の表情は、今までの彼女とはどこか違っていた。
私はしばらく考えていたが、意を決して後を追いかけた。
 花を摘むというのは、トイレに行くという事を
遠まわしに言った言葉である。
 登山家では常識の言い方らしいが、最近登山を始めた「私」には分からなかった。
 トイレを我慢していてこわばっている顔を見て、この表情は自殺しかけているのではと勘違いした「私」が
追いかけてしまうという話。