怖い話のまとめと解説

怖い話を解説付きで紹介

ある科学者が食べ物がなくても太陽の光だけで生きていける薬を開発した。

ある科学者が食べ物がなくても太陽の光だけで生きていける薬を開発した。
その後世界中の飢餓はすべてなくなったが、何もしなくても生きていけるので人々は働かなくなってしまった。ついにはみな動こうともせずただひたすら太陽を見ているだけとなり、次第に体の機能もそれに合わせて退化していった。

何億年もたって、それを僕たちは植物と呼ぶようになった。


1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (84投票 合計347点)

Loading...Loading...

2010年12月2日 | 怖い話 | 24 Comments »

24 Responses

  1. 匿名 より:

    “激しい喜び”はいらない…その代わり“深い絶望”も無い…そんな“植物の心”のような人生を…
    そんな“平穏な生活”こそ私の目標だったのに…

  2. 匿名 より:

     僕は植物
     ヽ(‘A`)ノ
      ( ) ゛
     ゛/ω\
    ニートじゃない!

  3. 匿名 より:

    植物は役に立つが君は役に立たない
    ゆえに君はニートだ

  4. 匿名 より:

    別に怖くはない

  5. 匿名 より:

    星新一かあ

  6. 匿名 より:

    セキストラって話がこんな感じだったはず

  7. クロウ より:

    植物にも意思(?)はあるってテレビでやってたのを見た気がする。

    確か、科学者が植物の研究をしていて、思うような成果がでない腹いせに、一部の植物にライターで火を付けて燃やした。
    で、後からライターを取ろうと手をのばしたところで植物が嫌がってる反応?があって、うんたらかんたら…。

    殺人事件の犯人も特定したりしてた気がする。

    世界まる見えだったっけなぁ…?

  8. 匿名 より:

    最後の「僕たち」ってのは何なんだろうな…

  9. 匿名 より:

    僕たち=人間だろ
    何故分からんかな?

  10. 匿名 より:

    気持ち悪い米欄だな

  11. 匿名 より:

    マジレスすると、植物は根から水と栄養を採ってるし、作者は考えが浅い。
    太陽光でエネルギーは作れるが、新陳代謝や成長は出来ないよ。

  12. 匿名 より:

    手塚治虫の火の鳥に出てきた、動物は動かない星思い出した。星新一もありそうだけど手塚作品にもありそう。

  • 意味が分かると怖い話 (645)
  • 怖い話 (1,927)
  • 実際の事件 (29)
  • くねくね (9)
  • 怪談・都市伝説 (26)
  • 2ちゃんねるのスレッド (8)
  • その他 (4)
  • 心霊ちょっといい話 (19)

  • カテゴリについて

    評価の高いコピペ

    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    老人『本当にこれで若返れるのか?』
    ちょっとムシャクシャしてるから、ちょっと猫を虐待しようかと思う。
    ⇒もっと見る

    リンク

  • 怖いコピペBot(Twitter)
  • 意味怖コピペ評価順
  • 携帯版(QRコード)
  • RSS