怖い話のまとめと解説

怖い話を解説付きで紹介

老人『本当にこれで若返れるのか?』

老人『本当にこれで若返れるのか?』
男『えぇ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ることができます。』
老人『そうか…。お願いするよ』
そして老人はベッドに寝かせられシートが被せられた。
それから数時間。
老人(遅いなぁ…いつになったら始まるんだ?)
男『お待たせしました』
若い男『ありがとうございます。 こんなに上手くいくとは…ところでこの古い体はどうするんですか?』
男『こちらで処分いたしますよ。 またのご利用お待ちしております。』
そう言うと男はベッドを焼却施設まで運んで行った。
老人(おぉ。 前の誰かは若返りに成功したようだな。 それにしてもやっと俺の順番か…)
若い男『ありがとうございます』
 自分と同じ記憶を持っているというだけで、作られたクローンは自分とは全くの別人である。

 ちなみに元ネタは映画シックス・デイだと思われる。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (94投票 合計361点)

Loading...Loading...

2010年12月9日 | 意味が分かると怖い話 | 51 Comments »

51 Responses

  1. ななーしぃ より:

    二度とよんだお。大事なものは三度よめお。

  2. まんまる より:

    おじちゃまは廃棄処分されるのか…

  3. 774 より:

    研究員(?)は、起こる現象を正確に説明してるな。
    早合点したジジイの自己責任。

  4. 匿名 より:

    爺さんべつに動いたりしてないし、この若い男は「爺さんの思う成功」
    をしていると思っているだろうから、また年取ったときに利用するかもな
    結局死ぬわけだが

  5. クロウ より:

    何処で読んだか忘れたけど、『ドラえもんのどこでもドア』で同じようなSS読んだ覚えがある。

  6. 匿名 より:

    これって若い方は老人の記憶だけじゃなくて精神まで受け継いでるの?
    だとしたら主観的には自分の肉体が若返ったということと同じではないの?
    っていうか、この瞬間、若返ったと思っている方と失敗して死んでいく方とまったく同じ人間が2人存在するってことなの?それってどういう状況なの?


    …………みたいなことを考えてたら頭パーン\(^O^)/したwwwww

    • 匿名 より:

      例えばお前と同じ肉体・精神・記憶を持つ人間がいるとしても、それは本当にお前自身か?



      ・・・という解説を考える自分の頭もパーン\(^o^)/

      • 匿名 より:

        爺さんの記憶を移された若い男は記憶は連続している(セリフ)から成功していると思っている
        爺さん本人の記憶は廃棄されるまでだが嘘はつかれてないし


        しかし若い男に記憶が連続しているとはいえ、頼んだ本人は主観的には移されていない
        ならば若い男は今まさに生みだされた記憶を持つだけの別人なのではないか?


        ということよね
        答えはでないけど面白い題材よね

        • 匿名 より:

          このコメントを読んでるだけで自分の頭がパーン\(^o^)/

        • 匿名 より:

          記憶が引き継がれて自我も当人のそれならば、同じ人間が2人誕生したと考えていいと思う
          精神は分裂して肉体の古いほうは除去、ある意味最高の繁殖手段だよね

  7. 匿名 より:

    \(^0^)ケーン!

  8. より:

    心は脳の機能なのか、それとも魂なのかで答えは変わるんだろうなぁ

  9. 匿名 より:

    戸籍はどうなるんだろうか…若い身体が年金もらうのかな

  10. 匿名 より:

    そのために古い体処分するんじゃない?

  11. 匿名 より:

    脳を若い人に写してるだけだと思った
    自分には理解不能www


    ところでちょうどこの前遊戯王で老人の記憶を持った青年がいたんだがジジネタ?

  12. 匿名 より:

    ある一人の人物が、ある時点から二人に分離したってことよね?見た目は違うけど。
    で、今回は片方がすぐ死ぬわけだけど、もし両方ともそのまま生きていたらどうなるんだろう?
    まったく同じ人生を歩むわけないから、だんだん自我や思考も二人で違ってくるのかな?

    じゃあ、どっちが「本物」の自分なんだろう?

  13. 匿名 より:

    以下、ここのコメント欄は哲学的になります

  14. 匿名 より:

    蓋しこのテクストは主体たる「わたし」が最も「わたし」から遠く解離した存在であるという逆説性に対する新たなる見地をそこに介在させ得るのである。

    こうですかわかりません

  15. 匿名 より:

    うんこ

  16. 匿名 より:

    \(^o^)/ パーン

  17. 匿名 より:

    マジレスすると『魂』に置き換えれば楽勝
    爺ソウルは爺の物
    クローンソウル(爺記憶入り)はクローンの物

    爺はそのまま土に還りましたとさ

  18. 匿名 より:

    「若い男『ありがとうございます。 こんなに上手くいくとは…ところでこの古い体はどうするんですか?』」が老人の若返ったクローンだとして、最後の1行の「若い男『ありがとうございます』」は誰?

    • 匿名 より:

      多分だが
      前の「若い男」は、老人の一件前の若返りの依頼者のクローンで、後の方が老人から作られたクローン
      以下、台詞が無限ループって事ではないかと
      つまり老人は焼却炉行き
      説明解りにくかったかな

  19. 名前はまだない より:

    こういう似たようなのキノの旅であった気がする

  20. 匿名 より:

    俺はからくりサーカス思い出した

  21. 匿名 より:

    記憶が移っても古い体にもはっきりした意識と記憶が残ってる以上若返りとしては失敗だと思う
    その瞬間、若返りに成功した自分と同じ記憶を持つ他人が生まれるだけだもん
    何が言いたいかというと、若い男が一番得してる

  22. 匿名 より:

    フォルダ(オリジナル)をコピー→オリジナルは中身ごとゴミ箱行き、ってことだな
    若返った男や俺達から見れば、なるほど若返りは成功している。

  23. 匿名 より:

    記憶はコピー出来ても、ゴーストはコピー出来ないということですね。
    わかります


    (そもそもゴーストは唯一の物だから移転が正しいか)

  24. 匿名 より:

    パンッ\(o)/

  25. 匿名 より:

    若返りが主観的か客観的かということなのね。

    クローンが話題だった頃のたとえ話で息子が事故で死んだからクローンを作るなんてのがあったが
    遺伝子・成長する環境が同じ=同じ人間ジャないだろうに・・・って感じたのを思い出した。

  26. 匿名 より:

    どうでもいいけど>>11の「前遊戯王で〜」が“前戯王”に見えてしまう(´・ω・`)

  27. 匿名 より:

    ルパンでこんなのあったね。

  28. 匿名 より:

    これの怖いのは老人は殺されて処分される
    事だろ?
    老人の視点で見たら第二の人生が始めれる
    つもりが、ここで人生おわるんだぜ

  29. 匿名 より:

    クローンを起こす前に老人を眠らせてそのまま安楽死させたらよかったのにな。
    主観的には完全な意識の移行が完成する。
    ますます頭がパーンな事になるが。

  30. 名無し より:

    ただコピーしただけじゃねぇか

  31. 名無し より:

    またのご利用をしたらこの若い男も、、、

  32. 匿名 より:

    利用するっていうよりも、若い男の方は古い体に意識が残ってるとは思わないんじゃない?

  33. 匿名 より:

    クローン作られて自分は殺されるってだけじゃないの?
    殺されるから怖いって話かと思った

  34. 匿名 より:

    てs

  35. 匿名 より:

    あれ、全然違う解釈だ。

    ベッドの上で寝ているシーツを掛けられた老人を、若い男のクローン元と勘違いされ、
    焼却施設に運ばれることになり、当の老人はそれが自分の番が来たものだと勘違いした。
    そして若い男が施設に運ばれるベッドの老人に向けて「ありがとうございます」と言ったのが聞こえた。
    つまりこの後、記憶を移す云々関係なく、老人は焼却されてしまう。

    こういうことなのかと。

  36. 匿名 より:

    最後のありがとうございますの文章は
    自分に敬語でお礼言うのもおかしいし、言っても(今まで)ありがとうございま「した」の方が状況にあってるから、記憶は移されたけど全くの別人格で(生み出してくれて)ありがとうございます。だな

    • 匿名 より:

      「ありがとうございます」は老人に対してじゃなくてクローンを生産してる男に言ってるんじゃないのか?

  37. 匿名 より:

    この話ってたぶん元アイディアは手塚治虫のファウストだな


    この話やファウスト、ドラえもんのどこでもドアの怖い話を考えるとで頭パーンになる理由は、
    「完全に何もかもを受け継いでコピー人間」が誕生することはありえないからだと思われる
    記憶や性質すべてを完璧にコピーできたとしても、その器に入る魂は一つだけで魂はコピーが不可能
    コピー人間には別の魂が備わってしまってる

  38. あれ? より:

    これ、星新一のショートショートにあったよ?

  39. 匿名 より:

    これすき

  • 意味が分かると怖い話 (645)
  • 怖い話 (1,927)
  • 実際の事件 (29)
  • くねくね (9)
  • 怪談・都市伝説 (26)
  • 2ちゃんねるのスレッド (8)
  • その他 (4)
  • 心霊ちょっといい話 (19)

  • カテゴリについて

    評価の高いコピペ

    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    老人『本当にこれで若返れるのか?』
    ちょっとムシャクシャしてるから、ちょっと猫を虐待しようかと思う。
    ⇒もっと見る

    リンク

  • 怖いコピペBot(Twitter)
  • 意味怖コピペ評価順
  • 携帯版(QRコード)
  • RSS