パソナルームについてググって調べてみた
セガの座敷牢問題って二年前にかなり話題になったんですが、知らない人のためにちょっとだけ説明すると、
子会社への転籍を拒んだ社員に対して、本社の人事調整室(パソナルームというらしい)という所に閉じ込めて
長椅子と長机、あと内線電話(外線にはつながらない)1つと何のOSも入っていないパソコンが1つだけある、
しかも私物の持ち込禁止の部屋(室温28℃)に何人も押し込めて、仕事を何も与えないままほっておくというもので、
これを現代版座敷牢って言っていたんですね。常にカメラと集音機で見張られていて、
私語でもしようものならすぐに「仕事中におしゃべりするな!」と怒鳴りこまれるっていう・・・・
2001年に大問題になって止まってたんですが、今年(2003年)になって、これを性懲りもなくまやり始めたというんですね。
しかも今度はこの中に人工透析を受けるような身体障害者も含まれていたというんだから凄い。
しかも元部下が座敷牢部屋に冷やかし半分で仕事を聞きに来る(稟議の切り方とか凄くくだらない内容)
ということもあるようで、言ってみれば会社くるみでの大がかりな嫌がらせというわけですね。
社員に仕事をさせるでもなく、嫌がらせの為に膨大な経費をつぎ込んでいるというわけで、なるほどなるほど、ドリキャスも崩壊するわけです。
ところで、この関係の問題は別にセガだけの問題ではないです。コンピュータ関係のベンダの例では以下のようなのが有名ですね。
「日本NCR版座敷牢」
この会社知らない人も多いかも知れませんが、業界ではかなり有名なソリューションベンダーです。
ここの座敷牢は元倉庫で、当然仕事はなし、エアコンも無しで、そのくせ机はぎゅうぎゅう詰めで満足に歩くこともできず、
しかも監視員がいて四六時中見張っているそうです。
「日本IBMの市中引き回し」
これも同様に、子会社への転籍を拒否した社員が、社内メールの配達業務をやらされることになったという問題です。
こないだまで管理職で上司だった人間がいきなり社内の郵便配達ですからひどいものです。

ひぃぃぃぃ('A`)