昔物凄く年上の男と同棲して3ヵ月後。
その男が逮捕され私も警察に呼ばれ事情を聞かれた。
警察では好きなものを取っていいよとそばやのメニューを見せられ
天ぷらうどんをご馳走してもらった。
冷たいものを飲みたいと言ったら水が出てくると思ったがカンのお茶をくれた。
警察は「彼はしばらく出てこれないと思うよ」と。
聞けば彼は前科14犯だった。
飲酒運転で捕まった過去は知っていたが・・。
最後に普通の車で家まで送ってくれた。
彼が拘置所に移されたあと警察官が二人で心配して様子を見に来てくれた。
玄関を開けた時の最初の一言が「おお!生きてるか!?」だった。
警察は思ったよりも優しい人ばかりだったなあ。
 自分は「ストックホルム症候群」だったという説が有力。
 ストックホルム症候群とは、長い時間拉致や監禁された人が
逆に犯人に対して同情や好意を抱くというもの。
 重度になると恋人や親友と思い込む事もある。
 つまり自分は監禁された被害者なので手厚い保護を受け、
ストックホルム症候群だという事を警察は知っているため
犯人が逮捕されたショックで自殺してないのか確認しに来た。