俺の彼女が両親の留守中に自室で殺された。
他殺と断定できる証拠はなかった。しかし、自殺とも思えない死に方だったらしい。
彼女が自殺するような心当たりも、俺にはまったくなかった。
自宅で幽霊を見ることがある、と騒いでいたことはあったが、
先月彼女の誕生日に会ったときには「幽霊なんて気のせいだった」と落ち着いた口調で言っていた。
事件から数日間は頭の中が真っ白だった。
葬式も終わり、悲劇から1ヶ月ほど経った頃、ようやく落ち着いた。
そして今日、彼女との思い出に浸りたくて彼女の家にやってきた。
あたたかく出迎えてくれる彼女の両親。
生前使っていたのとまったく変わらない部屋へと通された。
そこで、母親から一冊の日記帳を手渡された。
不可解な箇所があると言う。
たしかに、何かを伝えようとしたみたいだ。
それにその月の日記だけ、震えた字で書かれている…?
6月1日 のんびりした一日だった~
6月2日 無理しすぎたかな。疲れた~明日にそなえて早く寝ようzzz
6月3日 今日はあたしの誕生日。たかしから指輪をプレゼントされた。
    婚約指輪(?)なんちゃって(>_<)
6月4日 来月はたかしの誕生日だ~。何をプレゼントしよう?
6月5日 あいかわらずの講義。つまらない
6月6日 まわりは誰もわかってくれない。たかしならわかってくれるだろうか?
     
6月7日 たかしに会いたい 
9時→ お願い気付いて!
俺は気づいてしまった。 
だが、もう遅かった・・・・
俺も近いうちに死ぬだろう。おそらく1週間後。気付かれないようこっそり警告を残そうか…?
いや、そうすると誰かがまた死ぬようになっているみたいだ。
頭がボーッとして、考えがうまくまとまらない…
「僕にはよく分かりませんね。きっと悩みでもあったんでしょう。
今日はもう失礼しますが、一週間ほどしたら、また伺っていいでしょうか?」
俺は落ち着いた口調で、母親に言った。
 日記をひらがなに直し、
 日付番目(1日なら1番目)を読む。
6月1日 のんびりしたいちにちだった~
6月2日 むりしすぎたかな。つかれた~あしたにそなえてはやくねようzzz
6月3日 きょうはあたしのたんじょうび。たかしからゆびわをプレゼントされた。こんやくゆびわ(?)なんちゃって(>_<)
6月4日 らいげつはたかしのたんじょうびだ~。なにをプレゼントしよう?
6月5日 あいかわらずのこうぎ。つまらない
6月6日 まわりはだれもわかってくれない。たかしならわかってくれるだろうか?
6月7日 たかしにあいたい 
9時→ おねがいきづいて!
6月1日 の
6月2日  り                   
6月3日   う
6月4日    つ
6月5日     ら
6月6日      れ
6月7日       た 
9時→         !