睾丸有柄移植事件
大正14年6月、東京の戸山脳病院での話である。
「慶応大学外科の前田教授が病院にきて、谷口院長立ち会いのもと、公費患者ABの両人を一体に密着させて手術をした。
すなわちABの腰部にBの右腕を縛りつけ、Aの陰嚢を切開して肉体から脱離せずに睾丸に精糸のついたまま、Bの右腕を切開して、
その中に睾丸を移植し、両人を密着させて、身動きもならぬように縛りつけ、十日間を経過させようとした。
ところが相手が狂人なので、注文通りに、ジットおとなしくしているはずはない。3日目には縄を咬み切って離ればなれになり、
Aは死亡した。Bも本年2月に死亡した」
これが当時世を驚かせた睾丸有柄移植事件である。ここに引用したのは看護人から警察署への申し立てである。
前田教授の目的は、教授自身による次の釈明で明らかになる。
「Aは睾丸の内分泌が多いのが原因で精神病者となり、Bは睾丸の発育が不充分な患者なので、
Aの睾丸をBに移植するのが、一挙両得の方法だと考えてこの手術をした。
Aの睾丸を切り取ってBに移すのでは効果が少ないから、有柄移植を試み、両者を十日ばかり密着せしめてから、
分離せしむるつもりであった。死の直接原因は手術のためではない。
手術はすでに動物試験では成功しているのだから、医者としての治療範囲を出なかったことを断言する。
ただ相手が、手術を承諾することのできない狂人であったことに対しては、徳義上責任を感ずる。
しかし仮にこれが問題となるようなら、我々医学者は、新しい手術には一切手出しができず、
従って日本医学の前途に暗影を投ずるものだと思う」
この医者は狂っては無いそうです・・・。
ttp://psychodoc.eek.jp/abare/kogan.html