怖い話のまとめと解説

怖い話を解説付きで紹介

高校のときのクラスで、いじめられてる訳じゃないけど、「いじられてる」Aという奴がいた。

怖いというか・・・

高校のときのクラスで、いじめられてる訳じゃないけど、「いじられてる」Aという奴がいた。
なんというか、よく問題を当てられても答えられなくて、笑われるような感じ。
でも本人はへらへら笑ってて、特に暗くも無いし、鈍感という言葉が当てはまる奴だった。
ちなみにAは喋るとき少しドモり気味で、それも笑いのネタにされていた。

夏休み前、遊びと称して心霊スポットへ連れて行って脅かしてやろうという、
工房丸出しの幼稚な考えを思いついた俺達グループは、そいつに声をかけた。
一つ返事で承諾したA。場所は現地でも有名なダムで、その周辺の探検という事に決まった。

そして当日。真夏の夜、Aを含め5人はいたものの、
場所が場所だけにやっぱりひんやりとして、ちょっと不安になった。
それでもここまで来たなら行こう、という事で、
膝の辺りまで茂った草、湿って不安定な地面を進んでいく。もちろん先頭はA。
ある一定の所まできたら4人そろって隠れてやろうという事になっていた。
(バカ高校の生徒の頭で考える作戦はこれが限界)
10分くらい彷徨ったとき、廃屋、というか小屋みたいなものを見つけた。
それを見つけてここがタイミングだな、と隠れようとしたとき。

小屋の入り口付近に、白い女が、もう本当にイラストとかで見る「髪の長い白いワンピースの女」がいた。


どう考えてもこんな時間にそんな女がいるのはおかしいから、
そいつがこの世のものではないのが一瞬でわかった。
誰かが逃げろ!と叫んだ。俺も走り出そうとした。ところが。

Aが逃げない。

「おい、A!後ろ見てみ!早よ逃げるぞ!」といっても、きょとんとした顔でAは、
「ん、んー?なんか、お、おるんかー?(ドモってるからこんな感じ)」と。
どうやら彼だけ「見えて」ないらしく、きょろきょろしてそこから動こうとしない。
置いていくわけにも行かず、逃げるに逃げれなくなった俺達。
女が滑るように近付いてくる。Aの方向ををこれ以上ない、恐ろしい笑顔で見ていた。
こいつを連れて行こう、みたいな、こいつなら気付かずに、見たいな・・・

やばい・・・とは思うものの何も出来ない。とうとう女がAの隣りまで来た。


「なあんてな。コイツやろ?」

「え?」

唐突に、いつもの口調と違うAは女をはにかんだ笑顔で指差した。
Aは女の顔に自分の顔を近づけ、面と向かって言い出した。

「おい、コラ。こんなトコで彷徨う事しか出来んのかお前は。
いい加減死んだ事に気付け、このアマ。」

ワンピースの女はもう笑っていなかった。
明らかに動揺した顔を2,3秒浮かべた後、ふっと消えた。
Aは最後に「そのほうがいい。」と呟いた。途端、雨が降りはじめた。
Aは唖然としていた俺達に向かって「ん?行こ、行こ。」と。
いつもの口調に戻っていた。

俺達はAと本当の友達になった。

後にAにあの時の事を聞いた。

「んー、ん、あれはな、でき、できんねん、なんかな。」
としか言わなかった。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (141投票 合計569点)

Loading...Loading...

2012年2月18日 | 怖い話 | 53 Comments »

53 Responses

  1. 匿名 より:

    A、かっこよすぎんだろ・・・

  2. 匿名 より:

    ちょ…かっけぇ

  3. 匿名 より:

    ひとこと、カッコ良すぎる。

  4. 匿名 より:

    二つ返事だろ…

  5. 匿名 より:

    後の寺生まれのT さん(笑)

  6. 匿名 より:

    文末のAのセリフが良く分からん

  7. なんくるないさー より:

    オレ…Aと
    一夜を共にしていいと
    思った。

  8. 匿名 より:

    実際に遭遇したら叱ってあげた方がいいってことだな

  9. 食卓塩少佐 より:

    Tさん『へぇ、やるじゃねぇか…』

  10. シティボーイ より:

    Aカッコ良すぎwww
    惚れたwwww

  11. 匿名 より:

    やばいやんww

    Aかっこよすぎやん…

  12. 匿名 より:

    ドモりなら俺はAに勝てる

  13. 匿名 より:

    Aさん素敵!抱いて!

  14. ギシギシベット より:

    スゲー

  15. 匿名 より:

    ぼぼぼ僕は、
     おおおお握りがほ欲しいんだな!

  16. 匿名 より:

    Aの顔はほっしゃんのイメージ。

  17. より:

    AさんGJです[親指サイン]†

  18. 匿名 より:

    筋さえ通れば金次第で何でもやってのける命知らず。
    不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕するAさん。

  19.   より:

    Tさん「こりゃ‥俺以上の素質を持ってるな‥。破ぁぁぁ‥Aお前がNo.1だ」
    と、夜の町を背にしタバコを吹かしながら
    Tさんは雑踏の中に消えていった。
    その後、縁というのは因果な物
    AとTさんが同じ心霊スポットで出会った。
    Tさん「一発でわかったぜ。A お前だってな。素質もある。だがそれだけだ。俺んとこに来い」
    しばし沈黙。次の瞬間Aは叫んだ
    A「邪ぁぁぁぁああ!!」
    Aは笑った。
    A「Tさん、背中にも気をつけて下さいよ‥」
    Tさん「お前がいるとついつい無茶しちまう。俺の悪い癖だな」
    フッと笑うTさんA。今会ったばかりの二人
    だというのに、息の合いすぎたコンビネーションを繰り返し、周りを圧倒する
    霊達は、それでも近づく。いや、近づかなければ恐怖で頭がどうにかなってしまいそうだった
    私が、俺が‥見ている物は何だ
    破と邪決して相容れない、技の大系を見事に神風に昇華している
    戦いだけが、霊とのコミュではない。満足させ成仏その心情も持っている
    この二人は今でも、霊という驚異からあなた達を守っている

  20. 匿名 より:

    こういう場合Aを見捨てて逃げる展開が多いけど「見捨てるわけにいかず」ってこの状況で思えるのがすごいな

    • 匿名 より:

      Aには幽霊が見えてたわけだから、彼らがその状況で自分を置いて逃げなかったことは相当嬉しかっただろうね。

      • 匿名 より:

        タイトルにある通り本当に虐めてたんじゃなくいじってただけなんだな
        途中まで「またDQN書き手か‥‥」と思ってたけど普通にイイやつだった

  21. 匿名 より:

    高校生に対するコンプレックス丸出しなんだけど・・・書いたのは中卒ニートか何か?

    • 匿名 より:

      ゴメン、俺読解力無いからさ、どの辺に作者のコンプレックスを見いだせたのかさっっぱりわかんなかったわ〜
      バカな俺でも分かるように教えてくれよw

    • 匿名 より:

      自分が中卒ニートなんだなwww

  22. 匿名 より:

    Tさんじゃね?

  23. 匿名 より:

    とうとう 女がAの隣まで来た。

    「なあんてな。コイツやろ?」

    「え?」

    唐突に、いつもの口調と違うAは女をはにかんだ 笑顔で指差した。 Aは女の顔に自分の顔を近づけ、面と向かって言 った。

    「破ァーーーッ!!」

    ワンピースの女はもう笑っていなかった。 明らかに動揺した顔を2,3秒浮かべた後、ふっと 消えた。 Aは最後に「そのほうがいい。」と呟いた。途端 、雨が降りはじめた。

    寺生まれってスゲェ…

  24. 匿名 より:

    なんだかとっても創作臭

  • 意味が分かると怖い話 (645)
  • 怖い話 (1,927)
  • 実際の事件 (29)
  • くねくね (9)
  • 怪談・都市伝説 (26)
  • 2ちゃんねるのスレッド (8)
  • その他 (4)
  • 心霊ちょっといい話 (19)

  • カテゴリについて

    評価の高いコピペ

    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    老人『本当にこれで若返れるのか?』
    ちょっとムシャクシャしてるから、ちょっと猫を虐待しようかと思う。
    ⇒もっと見る

    リンク

  • 怖いコピペBot(Twitter)
  • 意味怖コピペ評価順
  • 携帯版(QRコード)
  • RSS