秋田に住んでるんだけど、友達の家に遊びに行ったときに外から年寄りの悲鳴が聞こえたんだ。
その時いたのはその家の友達Fともう一人H。
三人で野次馬根性だして外に出た。
そしたら凄い形相でFの家の向かいの家の爺さんが走ってきて家に駆け込んでいく。
ちょっと怖くなったけど、好奇心が勝った俺たちは逃げてきた方に向かって行ってみた。
でもそっちはたんぼだけで見晴らしも良くて何もおかしいのがない。
Hが茶化すように「熊でも出た?」と言った。
納得いかない俺とFは周りを見渡す。
すると小山の上にある鳥居の近くで黒い細長い何かが動いてる。
俺は気にしなかったんだけどFが気になったみたいで指をさして「なんだあのウネウネ」と言った。
Hも目を細めてみる。
「ウネウネしてるな…蚊柱?」
そこまで言ったらFの婆さんが走ってきて、
「こっちさ、け(こっちこい)!」
って叫んでる。
「やみ!やみ!」
これは良くわからないけどとにかく戻った。
そしたらいきなり水をかけられた。
怒るF。きょとんとする俺とH。
婆さんは
「おめたづはよけーれ!」
と真っ青になって背中を押してきた。
「けぇたら、水かぶれ!今日は米くな!」
帰る途中Hと話してとりあえず従う事に。
次の日Fから電話が来た。
向かいの爺さんが車庫で首吊って死んでたらしい。
とりあえず俺が知ってる事のはここまで。
正体も何もわからなかったけど最近くねくねの話を知って再び怖くなった。