彼女とショッピングで街を歩いていたら
前から小さな女の子の手を引いた女性が歩いてきた
近づいてきてそれが誰だか気づいた・・・
俺が3年前まで付き合ってた女だ、そして今思えば酷い振り方をして別れた
元カノは俺にニッコリ微笑んで会釈してきたので
彼女が「誰?」と怪訝そうな顔をする
俺は咄嗟に「前ウチの会社にいた○○さんだよ、いやあ久しぶりだねえ」と言った(これは嘘じゃない)
彼女は「そうなんですか、こんにちは」と言って気を利かせたのか
「ちょっとあそこの洋服見てくるね」と言ってその場を離れた
俺 「やあ・・・久しぶりだね、結婚したんだ・・・」
元カノ 「ええ、貴方に振られちゃったから、一年前にね・・・こんな私でも良いって言ってくれる人がいたのよ」
俺 「こんな私なんて言うなよ・・・君は充分魅力的だし・・・俺が未熟だっただけで」
元カノ 「もうそんなこと言わないで、でもこんな私が結婚出来るなんて本当に思っていなかったのよ」
俺 「そう?あ、いや・・・ゴメン、子供の前でこんな話しちゃって」
元カノ 「いいのよ、でも可愛いでしょ?だから私とーっても幸せなの」
俺 「ああ、そうだね、今の君は本当に幸せそうだ・・・安心したよ」
元カノ 「本当にそう思う?」
元カノ(今は人妻だけど)はそういうとフフフと微笑んで小さな声で「じゃまたね」と言って去って行った
彼女が戻ってきて「綺麗な人ね・・・ひょっとして昔好きだったとか?」と言って俺を試す様な目で見た
「何馬鹿なこと言ってんの」俺は努めて冷静にそう言って彼女の手を握った
 3年前に別れた元カノが1年前に結婚して、歩ける程の歳の子供がいる。つまり子供は自分の子である。