怖い話のまとめと解説

怖い話を解説付きで紹介

もうずいぶんと昔。まだ小学生だったころ。

もうずいぶんと昔。まだ小学生だったころ。
教室で昼休みの終わりを待っていたら、いつもは私に冷たい担任の先生が血相を変えてやってきた。

「○○くん、落ち着いて聞いてね。お母さんが仕事先で倒れたの。すぐ帰る用意をして職員室へ行きなさい」

驚いてランドセルに手当たり次第に物をつめて職員室に向かった。
校長先生がいた。

「お父さん、いまトイレに行かれているから、すぐに一緒に病院に行きなさい」

校長先生もおちつかない様子で、しきりに腕時計を見ていた。

「あの…先生…」

言わないといけない。

「うちにおとうさんはいないんですけど…」

母子家庭だった。

大騒ぎになった。
男が誰だったのか、今でもわからない。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (39投票 合計161点)

Loading...Loading...

2010年4月27日 | 怖い話 | 7 Comments »

7 Responses

  1. より:

    こええWwwww

  2. 匿名 より:

    いつもは冷たい担任の情報は必要か?

    • 匿名 より:

      いつもは冷たい先生だから、受け持ちの生徒の中に母子家庭の子がいることをちゃんと覚えてなくて、こういう事になったんじゃない?

  3. 匿名 より:

    母親が倒れたってのは本当だったのか
    それとも頭おかしい男が言ったデタラメなのかどっちなんだい

  4. 匿名 より:

    死んだ父親が学校まで迎えに来たって話だろ。

  • 意味が分かると怖い話 (645)
  • 怖い話 (1,927)
  • 実際の事件 (29)
  • くねくね (9)
  • 怪談・都市伝説 (26)
  • 2ちゃんねるのスレッド (8)
  • その他 (4)
  • 心霊ちょっといい話 (19)

  • カテゴリについて

    評価の高いコピペ

    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    老人『本当にこれで若返れるのか?』
    ちょっとムシャクシャしてるから、ちょっと猫を虐待しようかと思う。
    ⇒もっと見る

    リンク

  • 怖いコピペBot(Twitter)
  • 意味怖コピペ評価順
  • 携帯版(QRコード)
  • RSS