友達三人で民宿に泊まった時の話し。
湿気くさい畳みに古い赤色のテレビ、種類は解らないが鳥の剥製が置いてある、
まぁ素泊まり4200円って値段にぴったりといった具合の部屋だった。
夜になると周囲の店はさっさと閉まってしまい、壊滅的にすることがなく
部屋でビールを飲んだら一時頃までテレビを眺め、雑談の後、電気を消して寝ることに。
それからずいぶん経ったが、どうも堅い枕が気になって寝付けず、ぼんやり横になっていた。
私を真ん中に両隣りの友達は二人とも寝た気配がする。
仕方なくうとうと天井を眺めていたら、遠くから徐々に耳鳴りがやってきた。
金縛りの経験はあったので、あぁ家の外では初めてかも、なんて考えてたらジーンと固まってしまった。
早く自由になろうと手の指先と、足先に神経を集中して、動けー動けーと念じていたら
白いものが視界を掠めた。もう一瞬でゾっと鳥肌がたった。
その白いものはつー、つーっと、左右に振れて、視界に出たり入ったり、
インベーダーゲームみたく段々と迫ってくるイメージ。
おいおいおい…なんの真似だよと薄目でみてたら、近付いてくるのではなく
それが大きくなっている事に気付いた。形になっていくといか。
それが能面というか、白い女の顔だと解ってしまった途端
無理だ!これは嫌だ!って、もう目は開けられなかった。
金縛りを解くより、ただ息を殺して自分の存在を消すのに必死だった。
とにかくスルーしてほしい一心で。と言っても青筋たつほど力んでしまっていたと思う。
その内ピーンと鳴っていた耳鳴りが急に、ブオンブオンとすごい圧力を感じる
ものに変わって体がずんっ、と重たくなった。
ふぁっと目を開けてしまったら、荒川静香に似たデカイ面のような顔が
畳一畳くらいの大きさで私の真上にじっと止まっていた。
全体が白が濁っている感じでとにかくデカかった。
私はなぜだかずごい速さで瞬きをしていた。
とても直視できないけれど、全く目も反らせない心情というか
目の前の光景に圧倒され大混乱していたのだと思う。
一際暗く、闇の掛かったような目。そう認識してしまったら
にんまり口がコマ送りで「う」の発音の形に変わっていった。
こいつの声なんて絶対聞きたくない!あまりに恐ろしい!
迫り来る恐怖に、心の中で声にならない叫び声を上げそうになったその時。
右隣の友達が、ぶぅっ、と屁をこいた。
へ?と思ったら巨大な顔は瞬きする度、強い光を見た後に残るカラフルな残像
のようにあやふやに拡散していき、すぐに形が解らなくなって、そのまま消えてしまった。
耳鳴りも消え、途端に救われたというか、全身の力が抜け、助かった!という気持ちに包まれた。
屁をこいた友達の方を見たら、こちらに背を向け寝息を立てている。
横になったまま部屋を見回したが特に変わった様子はなく、鼓動はバクバクい
ってたけど嫌な気配も感じなかった。
「なんだったんだ、なんだったんだ」と頭で繰り返してる内にどっと疲れに襲
われ、時計をみたら三時を過ぎていたのを覚えているが、その後は二人を起こ
すことなく、冷や汗も乾ききらないうちに寝むってしまったらしい。
よく朝「はぁ?」っといった感じの友達に、夜中の出来事を話し深く礼を言っておいた。
自分の屁で助かったとか訳解らんみたいだったけど、そいつはそ
の日から己の屁に謎の自信を持ち、出す時には両腕を頭の後ろで組み尻を突き出すなどのポーズを決めるようになった。
私も「ぃよっ!ヘコキング!」などと合の手を入れ、今でも仲良くやってます。