霊感も財産も無くていいらしいので、また書きます。
今回もちょっと長いよ。
うちの親戚に「山を持っている」という規模の金持ちがいるんです。
そこに娘さんが二人いるんですが、母親がこのうちの妹の方をえらくいじめるんですよ。いつも見てもほっぺにビンタの跡があったぐらいに。
その妹は養女だそうで、「父親がよそで作ってきた子」だとか、全くの赤の他人だとか、うわさは色々あったんだけど詳しいことはオレも知らなかった。
いじめもなかなか陰湿でさ、食事も一緒にとらさないぐらい。母親とお姉さんが食べ終わるまで、じっと待たされてるんだ。
親戚が集まった時も、その妹はいつも怒鳴られてて、あんまり可哀想なんで普段おとなしいオレが「いいかげんにしろよ!」て怒鳴っちゃったぐらい。
そしたら親戚の何人かにギロッて睨まれてね。相手が金持ちなもんだから、おこぼれ狙ってたんだろうな。
後でおふくろに「まずかったかな?」て言ってたら「バカと貧乏は治らない病気だから仕方がないけど、下品だけはやせ我慢すりゃなんとかなる」て言われた。
こんなこと言ってられるのは、うちが祖父母の代で本家に不義理をはたらいて、ちょっと遠くに逃げてた状態だからなんだろうけどね。財産が譲られる順番は犬より後なわけ。
そんなわけでその妹は周囲に味方もいなくてさ、6才上のお姉さんがかばってやりゃいいのに、こいつがまたイヤな女で母親に輪をかけて妹をいじめるんだ。かなり美人なんだけど、台無しもいいとこ。
せめて父親が生きててくれたらよかったのに、妹が2才のときに車の事故で亡くなっててね。なんでも姉の方を乗せてる時にハンドル操作を間違って海にドボンしたらしい。
学校の先生とか役所の人も、なにせ相手が金持ちだから、かかわり合いにならないか媚をうるかの両極端で、頼りにならないんだ。
その妹が中学生の時にさ、おふくろがオレに「今から貧乏がもっと凄い貧乏になるけど文句言うな」て言い出してね。悩んだ末に引き取るつもりになって、その親戚の家に行ったんだ。
後から考えたら、うちは母子家庭で経済的に余裕がないし、
年齢の近い異性がいる(オレだよ)から、この話がうまくいくわけないんだけどさ。
その時はサンダーバードの隊員みたいな気分でお屋敷に乗り込んだんだ。
いや、オレは後をついていっただけだけなんだけど。
「○○ちゃん、いらないんでしょ。わたしにちょーだい」
たしかこんな感じで切り出してたと思う。言い方考えたらほうがいいんじゃないかと思ってたんだけど、相手の反応が予想外でね。
血相変えて「あの子は渡せない」て言うんだ。
その後はおふくろと二人で別の部屋で話しこんでたんで、詳しいことはわからないんだけど、あのオバハンの泣きそうな顔は意外すぎたな。
おふくろもそれいらい「この話しは終わり」って言って、何も言わなくなってしまった。普段はうるさいぐらいお喋りなんだけど。
それから5年ぐらいだったかな。妹が18の時に、母親と姉が事故で亡くなってね。
車の事故で海にドボン。
父親の時と同じ。場所は違うけど。
母親は実はガンだったそうで、あと1年もつかどうかの状態だったそうだ。
事故の様子がね、これがどうみても「病気を苦にした母親が、子供を道連れに自殺した」ように見えるんだよ。
いや、もちろん警察は事故として処理しちゃったよ。地元の有力者に遠慮したのかなぁ?自殺は恥っていうとこがあるから。
で、その財産はいじめられ続けてた妹に渡ることになったんだよ。親戚中大騒ぎだったよ。
その時にちょっとヘンな話しがあってね。
遺産相続のさいに手続きしないといけないから、役所に戸籍とかの書類をもらいに行ったんだ。そしたらね、戸籍にお姉さんが養子ってかいてたんだ。
いじめられてた妹が本当の子供で、お姉さんの方が養女だったの。
「逆じゃないですか?」て役所で尋ねたんだけど、これで間違いないそうだ。養子縁組みの記録もちゃんと残ってるって。
「○○さん。これどういうことなんでしょう?」
て妹に聞かれてさ。
実は薄々真相に気づいてたんだけど、何も言えなくてね。
「お母さんはキミを愛していたんだよ」とでも言うべきだったのかなぁ?
みんなには真相がわかりましたか?
 つまり母親は本当は妹の方を愛していたのである。
 自分はもうすぐ死ぬが、周りには遺産目当ての人しかいない。
 このまま遺産を相続しても誰かに横取りされて終わりである。
 なのでわざと妹につらくあたって、遺産目当てではない、本当に可哀相だと言う理由で手を差し伸べてくれる人を探していた。
 そのためその母親は、自分とおふくろが来たときに泣きそうになり、病気で死ぬ前に自殺したのである。
 自分とおふくろを一旦追い返したのは、自分が死ぬ前に養子として出してしまうと遺産が正しく相続されない可能性があったからと考えられる。