怖い話のまとめと解説

怖い話を解説付きで紹介

新婚初夜。 ベッドで妻が夫に聞いた。

新婚初夜。
ベッドで妻が夫に聞いた。
「ねえあなた、わたしのこと愛してる?」
夫はほほ笑みながら答えた。
「もちろん愛してるさ」

やがて二人のあいだには娘が一人生まれた。

その娘の七歳の誕生日。
娘が父親に聞いた。
「ねえパパ、あたしのことアイシテル?」
父親はほほ笑みながら答えた。
「もちろんアイシテルよ」
「ママのこともアイシテルんでしょ?」
娘はさらに聞いた。
「ああ、もちろんママのことも愛してる」
「あたしとママなら、どっちをいっぱいアイシテルの?」
「難しいね」
父親は少し考えてから、やはりほほ笑んで答えた。
「たぶん、ママの場合とは意味が違っているんだよ」
「よくわかんない」
「まだわからなくていいのさ。さあ、ママにケーキお供えしてこよう」


十年後。
取り調べ室で、まだ若い刑事が男にこう聞いた。
「――で、結局なぜあんなことをしたんだ?」
男はしばらくうつむいたまま押し黙った後、
ゆっくりとほほ笑みながら答えた。
「……意味が違っていたんです。
前と同じように。それだけです」

一年後。
男の娘とごく短いあいだだけ交際していた少年が、
新しい恋人の少女からふいにこう聞かれた。
「ねえ、あたしのこと愛してる?」

少年は青ざめた顔のまま、何ひとつ言葉を返さなかった。
 アイシテルとは一体何なのか、という話。

 特に決められた解釈は無いようだが、男が妻に「愛してる」と言いながら暴力を振るい、

娘が「愛してる」=暴力を振るう事と覚えたという考え方や、


妻は娘が生まれた時に死んでしまっていて、「愛している」=死んだ人に対して言うものと思った娘が、

本当の意味で「愛している」と言われるためには死ななければならないと思い自殺、また彼氏を本当に愛するために

殺そうとしたなどと言った考え方もある。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (623投票 合計2,461点)

Loading...Loading...

2010年5月26日 | 意味が分かると怖い話 | 31 Comments »

31 Responses

  1. 匿名 より:

    でも、その解釈だけじゃ男が取調べを受けないかな。

  2. 匿名 より:

    「男の娘」に反応してしまった

  3. 匿名 より:

    俺が居るww

  4. 匿名 より:

    最初に「おとこのむすめ」と読めなかった奴は俺の同志……

    って言おうと思ったら案の定居る件w

  5. 匿名 より:

    俺の同志がいっぱいおるぞwwww

  6. 匿名 より:

    周りは皆仲間か…何この逆四面楚歌状態www

  7. 匿名 より:

    俺がたくさんいるww

  8. 匿名 より:

    あれ俺いつ書き込みしたかな…

  9. 匿名 より:

    娘を犯しちゃったって話だと思ったんだが、
    それだと彼氏の反応がおかしいなぁ……と思って
    コメ開いたら コメント全部男の娘ネタかよwww

  10. 匿名 より:

    すまない。俺もだ

  11. 匿名 より:

    おいおい、俺は初コメだぞ?

  12. 匿名 より:

    みんな俺だったwww

  13. 匿名 より:

    米みて、一瞬自分が解離症になってるんかと思ったぜ

  14. 匿名 より:

    きもちわりぃコメント欄

  15. 匿名 より:

    17歳の段階で娘は父に殺されてる

    「愛してるの意味が違う」

    7歳の時点では娘として、だったのが17歳の大人に女になって父が娘を女として愛してしまった

    娘が彼氏を作ったので怒って殺した

    娘と付き合っていた少年の新しい彼女は
    娘に取り憑かれたか生まれ変わりか、
    それとも上記の父親×娘の惨劇が再び繰り返されるのでは?
    どれかを感じて青ざめたんだろう

  • 意味が分かると怖い話 (645)
  • 怖い話 (1,927)
  • 実際の事件 (29)
  • くねくね (9)
  • 怪談・都市伝説 (26)
  • 2ちゃんねるのスレッド (8)
  • その他 (4)
  • 心霊ちょっといい話 (19)

  • カテゴリについて

    評価の高いコピペ

    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    老人『本当にこれで若返れるのか?』
    ちょっとムシャクシャしてるから、ちょっと猫を虐待しようかと思う。
    ⇒もっと見る

    リンク

  • 怖いコピペBot(Twitter)
  • 意味怖コピペ評価順
  • 携帯版(QRコード)
  • RSS