怖い話のまとめと解説

怖い話を解説付きで紹介

若い兄ちゃんが携帯をいじっていた。隣にばあちゃんがいて、ばあちゃんは

若い兄ちゃんが携帯をいじっていた。隣にばあちゃんがいて、ばあちゃんは
「医療機器使ってるから電源切ってください」と言った。
その男は「来たメールを読んでるだけだから」と言って、いじるのを止めない。隣のリーマンが
「今は読んでるだけでも読んでるうちにメールが来るかもしれないだろ。切りなさい」
と言った。兄ちゃん、怒り狂った口調で「ああ?!!」
逆切れだ!リーマンやばいぞ!(兄ちゃんはかなりいいガタイ)
見てる人が皆そう思ったとき、兄ちゃんは携帯をリーマンに突きつけながら言った。
「見ろよ!俺に来た最後のメールは4ヶ月前だ! それ以来誰も送ってこないんだよ! 今更誰が送って来るんだよ!!! 俺から送る相手もいないんだよ!!!」
みんな黙り込んだ。しかしその中に一人だけ、無愛想な顔をして彼に近付く若い女がいた。
彼女は男から携帯を奪い取ると何か操作をして、再度男に突き返した。
男が呆然としていると、女は自分の携帯をいじり始めた。
しばらくして、男の携帯が鳴った。
男は目を見開いてぱちぱちさせながら携帯を見た。
もうね、多分みんな心の中で泣いてた。男も泣いてた。
世界は愛によって回っているんだと実感した。
ばあちゃんは死んだ。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (152投票 合計619点)

Loading...Loading...

2010年5月28日 | 怖い話 | 14 Comments »

14 Responses

  1. 匿名 より:

    思わず吹いたwww

  2. 匿名 より:

    ちょwwww最後wwwww

  3. 匿名 より:

    どういうことなの・・・

  4. 名無し より:

    現実には、こんな事は起きないから安心しろ

  5. 匿名 より:

    この女の人が兄ちゃんにメール送ってあげたんだなって思ったら

    ばあちゃん・・・

  6. 匿名 より:

    実際のところ、携帯の電波でペースメーカーの設定が変わるのは22cm以内だったかな。
    満員電車の中で電源入れっぱの携帯がペースメーカー使用者にくっつきでもしない限りあり得んはず。
    それより怖いのは、レンタルショップの出入り口に置かれてる盗難防止装置だって。

  7. 匿名 より:

    く…黒い!

  8. 匿名 より:

    いやいや、4ヶ月もメールが来てないのに
    来たメールを読んでるってちょっと怖くね?

  9. クロウ より:

    電波オフモードがあるだろうに……

  10. 匿名 より:

    これ殺人罪だろ

  11. 匿名 より:

    かなり遠くで携帯いじってる人をみて思い込みで発作起こしてる人ならみたことある

  12. 匿名 より:

    不謹慎ながら最後の一行で吹いたwwww

  13. 匿名 より:

    実際には携帯の電波が無害だとしても、お婆さんにとっては有害になりえる。人とは思い込みで死ぬ事もあり得る。

  • 意味が分かると怖い話 (645)
  • 怖い話 (1,927)
  • 実際の事件 (29)
  • くねくね (9)
  • 怪談・都市伝説 (26)
  • 2ちゃんねるのスレッド (8)
  • その他 (4)
  • 心霊ちょっといい話 (19)

  • カテゴリについて

    評価の高いコピペ

    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    老人『本当にこれで若返れるのか?』
    ちょっとムシャクシャしてるから、ちょっと猫を虐待しようかと思う。
    ⇒もっと見る

    リンク

  • 怖いコピペBot(Twitter)
  • 意味怖コピペ評価順
  • 携帯版(QRコード)
  • RSS