うちのマンションに、ようちゃんという3歳の男の子がいた。
同じマンションに住むスナック・ホステスのNさんが仕事を終えて夜中の3時ごろ
帰ってきたところ、マンションのエレベーターに乗ろうとしたら、
ようちゃんがエレベーターの奥の方で一人でびしょ濡れになって乗っていた。
Nさんは何でこの子、こんな時間に一人で乗ってるんだろう?と思ったが、
疲れてるし、ちょっと不気味な感じだったので、知らんフリをしていた。
Nさんは5階、ようちゃんは10階に住んでいるので、Nさんの方が早く降りた。
Nさんは朝になってゴミを捨てに下に下りた時に3人ほど奥さん連中が話をしていた。
その内容は、ようちゃんが川で溺れて1日前に水死したと話していた。
それを聞いたNさんはビックリしてその話してる人たちにエレベーターに乗ってた
ことを話した。その中の一人が、そういったらエレベーターの中が水で濡れてたという。
それ以来、Nさんはそのエレベーターに乗るのが怖くなり、引っ越した。