ある日の夜11時頃、玄関脇の流し台の小窓から、女の人が覗いていた。
びっくりして凍り付いた
30才ぐらいの女性が立っていた
「な、なんか用ですか?」
僕は窓越しに話しかけた
「あのー、うちの子がお邪魔してますよね」
…はぁ?うちは子供なんかいないし
第一僕はまだ一度も部屋に他人を入れていない
「あ、あの、誰かと間違えてませんか」
「いえ、こちら●●区1*4*29平和荘の102号室、●●さんですよね?」
「は、はい…でも、僕知りませんけど…」
「そうですか。うちの子、まだ帰ってないんですよねぇ」
「はあ、、」
めっさ恐い