怖い話のまとめと解説

怖い話を解説付きで紹介

母に聞いた話なので細部がうろ覚えだったりするかもしれない。

母に聞いた話なので細部がうろ覚えだったりするかもしれない。
ただし作り話ではないと思う。母は冗談は好きだがこんな嘘をつく意味がない。
あれは6年前のことで自分は小4だった。妹は保育園の年中組で毎日4時に母が迎えにいく。
その日は真冬で、こちらの地方は雪はほとんど降らないが、かなり寒い日だった。
保育園は家から歩いて10分くらいと近いので、午前中だけパートをやってた母は
毎日歩いて迎えに行っていた。その日もいつもとかわらず、保母さんから妹をもらい受け、
住宅街から外れた田んぼの中の近道を妹の手を引いて歩いてきたということだ。
母の話では、その道すがら妹が変なことを言い続けていたらしい。
「ねえねえお母さん、暗い道があったらまっすぐ行くとどうなるの?」
「赤い車があって女の人が下を見てるの、すると男の人が出てきて運ぼうっていうの」
「女の人もこっちに来て暗い道をいっしょにに行こうっていう」
それで、道すがらの田んぼの中に農具を置いてある掘っ立て小屋があるのを見て、
「あそこに入ろう」と言って母の手を引っ張ってきかなかったらしい。
鍵はないだろうけど、他の家の小屋だし田んぼの土に足を踏み入れるのは嫌だったので、
母は無理に手を引いて家まで連れてきたという。
今は違うけど、当時は妹はおとなしくてほとんどしゃべらないような子だったので
それも変だと思ったそうだ。そんなこんなで、近いのにその日は家まで30分ほどかかってしまった。

それで家の玄関先まで来ると、妹は手を離して走り出し、どたどたと音をたてて
保育園のお道具を持ったまま二階へ駆け上がり、当時は俺と共用だった子供部屋へ
入ったらしい。普段はそんなことをする子ではないし、手を洗わせようと思って
妹の後を追いかけ二階へ上がったが、二部屋しかない二階にはどこを探しても妹の姿はなかったそうだ。
ただ自分たちの部屋に入ると、ちょうど砥石で包丁をといでいる時と似た臭いが強くしたという。
換気がてら窓を開けて屋根の上を見たりしているところで母の携帯が鳴り、保育園から
まだお迎えに来られていませんが遅くなるのですか、という問い合わせの電話だった。
母はあっけにとられて、さっき伺ったと思いますがといっても、
今日は一度もお見えになっていませんよ、と向こうも驚いた様子だった。
そのあたりで自分が学校からあがってっきて、母といっしょに保育園に行った。
道々、母にこの話を聞かせられたが自分にはちんぷんかんぷんだった。
保育園ではいつもの妹がべそをかいて待っていた。
それから一週間後、母が妹のベッドのシーツを取り替えようとして敷布団をあげたら、
ちょうど寝た状態の妹のあごがくるあたりのマットレスに、小さな赤黒い手の跡がついていたという。
母は思わず大声で叫んで、あわててぞうきんで拭き取ったが、
そのときに包丁をとぐ臭いがまたしたそうだ。だから自分はその手の跡も見ていない

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2投票 合計9点)
Loading...Loading...

2017年1月2日 | 怖い話 | 1 Comment »

うちで飼っていた愛猫が亡くなってペット専用の墓地へお参りに行ってたんだけど、その日はたまたま一人で行こうと花や線香やら持っていつものように出掛けた。

自分が体験した話です。
うちで飼っていた愛猫が亡くなってペット専用の墓地へお参りに行ってたんだけど、その日はたまたま一人で行こうと花や線香やら持っていつものように出掛けた。
天気も良くお墓についたからペットボトルの底部分を切ったものを花立てにしていたのでお水を汲みにいこうとしたんです。
場所としては 水道、焼却場、お墓、道路 という並びです。
いつものように焼却場を越えお水を入れてさあこの花を供えにと思い歩き出したのですが焼却場を越え墓に来た瞬間氷付きました。

お墓部分だけ下は砂地であとはアスファルト舗装されてるのですが突き当たりにあるはずの共同の墓がなく一面砂地になっていて見えるはずのない向こう側が見えてたんですね
向こう側は堤防になっていてブロックの壁がありお墓はどこにもありません
あまりにもおかしいと思い来ていなかった間にお墓の場所が移動されたのかと思い、そこの事務所へ向かおうと思ったんだけど
自分の見間違いなのかともう一度水場へ戻ってからもう一度戻るとさっきまで一面砂地だったさら地が元通りのお墓になってました。
何度も来てる場所なんで見間違えるはずもなくいまだに不思議な体験でした。
その後自分や家族の身になにも起きてないです。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2投票 合計8点)
Loading...Loading...

2016年12月30日 | 怖い話 | 1 Comment »

高校生のとき教室で怖い話で盛り上がり、心霊スポットのさびれた神社にいくことになった。

高校生のとき教室で怖い話で盛り上がり、心霊スポットのさびれた神社にいくことになった。
当然メンバーに女子はおらず、男三人で行くことになったけどな。
夕方で、男三人いるということもあり、全然怖くない。
「やっぱり幽霊なんていないんじゃねえか」
「ちっともこわくねぇ」
とか言いながら、歩いていた。
すると、木の陰から何かいるのか、パキパキと枝を折るような音が聞こえてきた。
動物だと思った俺たちはそっちに近づいた。
そこには、明らかに異形のものがいた。
足の数が8本ある、大きなイノシシの形をしてるんだが、人の顔がついている。
しかも何かブツブツ言っている。
俺は腰を抜かしてへたりこんでしまった。ほかの二人も動けない。
逃げ出すことが出来ない絶対的な恐怖だった。
間違いなく殺される、喰われて殺されると思ったそのとき、声がした。

「お化けさん、やめるのです」
同級生のAだった。
何でこんなところに?何を言ってるんだ?と思ったら、イノシシに突っ込んでいく。
イノシシの顔が恐怖に歪み、すっと消えてしまった。
「あのお化けさんは危ないので、あまりここに来ないほうが良いのです」
と言って、ひとりで帰ってしまった。
動けるようになった俺たちは逃げだし、Aとイノシシのことを
「なんだったんだあれは?」
「マジで怖い」
とか言っていた。
Aは変な話し方をするから、みんなから軽く馬鹿にされていた。
俺たちもその日までまともに話したこともなかった。
次の日に初めて会話したんだが、俺たちがその神社に行く話を聞いて、
危ないからと尾行してきたらしい。
イノシシは逃げ出したと言っていた。
イノシシが恐怖で逃げ出したのは間違いないと思うのだが、本人も理由はよく分からないようだった。
「お化けさんたちはわたくしを怖がるのです」
「わたくしは変な人だと思われるのは嫌だから、内緒にしておいて欲しいのです」

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1投票 合計4点)
Loading...Loading...

2016年12月27日 | 怖い話 | 4 Comments »

義父は昔からDVの傾向があって、義母にも一人娘である俺嫁にも事あるごとに手を上げたらしい。

義父は昔からDVの傾向があって、義母にも一人娘である俺嫁にも事あるごとに手を上げたらしい。
外見はおとなしそうなので誰も信じなかったそうだが、嫁は結婚して実家を出られたので凄く感謝していた。
気の毒なのが義母で、二人分のDVを一人で受けるハメになったんだな。
これは義母が入院してから聞いたのだが、杖で殴るわお茶の出し方が気に入らないからって湯飲みを投げつけるわ、限度を超していたらしい。
で、去年の春に義母は睡眠薬ごっそり飲んで自殺を図ったのだが、幸か不幸か未遂に終わって。
バカ義父はそれでもDVやめなかったもので、次に義母は酒の勢いで夜中に某山の展望台から飛び降りた。
それでも死ななかったのだから凄い婆さんなのだが、さすがに頸椎にヒビが入って4ヶ月の入院。
それが去年の秋頃。
で、俺は警察からの電話で大事な会合を途中退席するハメになって身元確認に行って、それから義父に報告に行った。そしたら。
「バカめ、死んでも葬式なんか上げてやらん!」
DVのことを嫁から聞かされていたので、今まであんま好意を持って接することはできなかったのだが。
ここで完全に「人間のクズめ」と思った。
一人娘である嫁は軽いパニ障持ってて、免許もない上仕事を抱えているものだから。
仕方なく自営業で会社立ち上げたばっかの俺が全ての面倒を見るハメになった。まだヒマだったから…。

義父は体は動くけど自分では何一つできない(やらない)人間なので、家政婦さんに来て貰って家事を頼んでいたのだが。1ヶ月経ったあたりから全てがおかしくなった。
DV人間は身近に居る人を虐待していないと気が済まないらしいんだな。
家政婦さんに対するセクハラ・暴力行為が始まったんだな。
しかも家政婦さんが帰って夜が遅くなると酒を飲み出しあちこちに電話をかけて意味不明のことをわめき散らす。挙げ句の果てに意味もなく警察や救急車を呼ぶ。
俺も何度か救急病院に引き取りに行かされた。それで周囲から諫められると、今度は「もうダメだ。自殺する」と言い始めた。本人が言ってるだけならどー
でも良いことだが、ケースワーカーが危険防止のために施設への入所を勧めてきた。

俺もその方が助かるのだが、義父は人工透析を受けているので透析設備がある
特養じゃないと無理。しかもそんな特養は県内に2箇所しかなくて常に空き待ち。
仕方ないから申し込みだけ行って、危険回避のために家政婦さんに夜間付き添いをお願いした。
そしたらやっぱり暴力にセクハラで、ほんと家政婦さん
に申し訳ない日々が1ヶ月以上も続いた。
ここからよーやっと本題。バカ義父は自分じゃ何もできないから、俺が通帳を預かって義母の入院代とかいろいろな支払いをやって、残りを義父の小遣いとして渡していた。そしたらある日。
「少ないじゃないか」
「何が?」
「年金。もっとあるだろ」
「あるけどあんたの奥さんの医療費とか家政婦さんの支払いがあるだろ」
「そんなことない。15万よこせ」
 市営住宅で爺い一人が暮らすのにいくら必要だと言うのか。バカ義父は年金は全て自分の物だと言い張って仕舞いに怒鳴り合い。
バカは警察に電話までかけたが、言っていることが支離滅裂で相手にされなかった。
ある程度こうなることは予想していたので、親戚一同に通帳類は全て預かることを承認してもらっていた。バカ義父も最初の時点では支払いの代行を頼むと口頭で言っていたので、その時に全て出させていた。

そうしているうちにバカ義父の行いは目に余るようになり、何を考えているのか家政婦さんに酒を買いに行かせた隙に家を出て、タクシーでわざわざ離れた私鉄の駅まで行って騒ぎを起こしたり。
もう一刻の猶予もなくなってきた。
幸い特養のベッドが短期間だけ空いたので、急いでそこへ放り込み。
そこから病院の心療内科に通わせることになった。
実家ネコを俺のところで預かり、さらに入院に必要な物を実家に取りに行った時なんだが。
居間のあちこちに紙切れが挟み込んであるのに気がついた。
テレビ台の下とか、ソファの下とか、あちこちに手帳のページを破り取ったり、チラシを切ったものがあったんだな。
その全部に「○○(俺の名)は悪い奴」「金を盗まれた」「呪ってやる」と書き殴ってあって、何のつもりかシャチハタまで押してある。
誰に読んで貰うことを期待して書いたのか知らないが、もはや失笑レベルの哀れさを覚えた。
同時にこの期に及んで金のことしか頭にない、自分のせいで2度も自殺を試みた妻に対することが何もないことに怒りを覚えた。もっと怒りを覚えたのが「呪う」
と書いてあったこと。愚か者の分際で簡単に呪いなんて言葉を使うな。
部屋中をひっくり返して一枚残らず紙を探し出し、ベランダで一枚ずつ焼いた。
俺の名前をバカ義父の名に換えて読み上げながら。そして灰を12階のベランダから吹き飛ばした。
それから1週間もしないうちに。急にボケが来たのか、義父は感情を失ったよう
におとなしくなったが。口を開けば特養の職員を罵り、当然職員にも他の入所者にも嫌われていた。
そしてようやく透析設備のある山の中の精神病院に入院が決まった。

移動は俺の車。2時間ほどの間に例の呪いの紙のことを話してやった。
「居間のさ、あちこちにメモ残してたよな」
「…ああ?」
「俺があんたの金盗んだとか、呪ってやるだとか…」
「知らん」
「忘れてるかも知れないけど、あれ全部見つけて焼いたから」
「ふーん…」
「知ってるか?呪いって、呪った相手に見つけられたら、かけた本人に降りかかるんだよ」
「……」
病院へ半分ほどの所で、義父は急に具合が悪くなったようだった。入院してわずか一ヶ月で義父は多臓器不全を起こして死んだ。
嫁を、今は退院して実家にいる義母のところに向かわせ、俺が搬送手続きなどを行って病院へ向かった。
霊安室は屋外のプレハブで、物置でしかなかった。看護師が「お顔を…」と言った
が「必要ありません」と断った。合掌も黙祷もしなかった。一歩だけ遺体に近づき「地獄へ逝け」と言ってやった。
怖くない話で長々とスマン。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2投票 合計7点)
Loading...Loading...

2016年12月24日 | 怖い話 | 5 Comments »

半年前、飛び下り自殺する夢をみた

半年前、飛び下り自殺する夢をみた
俺は見におぼえのない服で女装をしており、独身なのに結婚指輪もしていた
次の日、職場のビルで飛び下り自殺があった
野次馬に紛れて見に行くと、昨日の夢の俺と同じ服装をした女が倒れていた
ひょんなことから知ったのだが、部長も同じ夢を見ており、飛び下り現場も見ていた
女に心当たりはないのだが、、、

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1投票 合計3点)
Loading...Loading...

2016年12月21日 | 怖い話 | 2 Comments »

そういや何ヶ月か前に怖いというか珍妙なことがあったから書いてみるわ。

そういや何ヶ月か前に怖いというか珍妙なことがあったから書いてみるわ。

たしか今年の1月の中ごろだったか、友人と遅めの新年会兼ねて飲んでたんだが、帰り運転できないからカラオケ屋でアルコール抜けるまで騒いで明け方に帰宅することにしたんだわ。
そしたら6時前くらいだったかな? 高速道路ボーッっと運転してたら結構車いたはずなのに気付いたら自分しか走ってなかったわけ。
それでも徹夜明けで眠いしテンション低いしで70kmくらいでゆっくり走ってたら、ふと対向車線の異様な光景に気がついたんだ。
対向車線は普通に車がいたから、こちらの無人車線ばかりに注意が行って最初は気にも留めなかったんだけど、対向車線の車って全部バックで走ってたんだよな。
しかも、よく見るとドライバーが後ろ確認してる様子もないのにすいすい俺の車を追い抜いく(?)ようなスピード出してたんだ。
気味悪いと思ってとりあえずサービスエリアに入って休憩して、出てみると普段通りの道に戻ってたってだけなんだけどさ。

ウトウトしながらの運転(大阪~兵庫)だったから居眠り運転中の夢かもしれないけどなw

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1投票 合計2点)
Loading...Loading...

2016年12月18日 | 怖い話 | 6 Comments »

みなさんは紫菜葉草という話をご存知でしょうか

はじめて書きこませてもらいます。
みなさんは紫菜葉草(字はあってるか定かではありません)という話をご存知でしょうか
私がこの話を聞いたのは私がまだ高校生の時でした。
当時私たちのグループではバイトをしている人もおらず
放課後は毎日のように集まっては校庭でサッカーをしたり恋愛の話をしたり
どこにでもあるような毎日を過ごしていました。
そんなある日私と友人(ここでは名前を伏せてA、B、Cとします)の三人で夜遅くまで
遊び一緒に帰っていたときのことです。

ふとAが時間も遅くなってきたし怖い話でもしないかと提案してきました
当時の私は怖い話や動画が大好きで自分で毎日深夜までネットで探して見ていたので
なにか身近に新しく怖い話が聞けるんじゃないかとウキウキしていました。
そうして怪談が始まり順番に話していきました。
正直みんなの話はどこかで聞いたことがあるような話ばかりで退屈でした
そんな時Bが「今から話す話は兄貴から口止めされてる、俺も聞いて後悔したし話すか悩んでる
お前らそれでも聞きたいか?」と言ってきました。
当時怪談が大好きだった私は待ってましたと言わんばかりにBの話に食いつき
AとCもどんな話か気になっている様子でした。

ここから先がその内容になりますがここから先の話を読む方は自己責任でお願いします。
B曰くこの話を聞いた人は一週間以内に必ず同じ夢を見る、その夢の内容は
一面広大な花畑の中一人の男が立っている、その男は紫菜葉草をとってこいと言うそうで
その花というのが茎も葉も花もすべてが紫色で明らかに異質な花だというのです
その花を摘んで男に渡せば何事もなく終わり、それを渡せなければ近い将来事故や災難に遭う
という内容でした、正直私はそんな聞いたら呪われるような話は聞き飽きていたしうんざりしていました
それに「しなばそう」なんていう名前も「うそばなし」を反対から読んだ名前だというのにも
そこで気づきAとCがびくびくしているのを横目に鼻で笑っていました。

そんな話があって2、3日たったある日のことですAがすごい形相で教室に入ってきました
心配になった私たちはAの話を聞くとAは前の晩に柴菜葉草の夢を見たというのです。
私はこの話のからくりに気づいていたので笑いをこらえるので必死でした

しかしAの顔には一切笑みがなく震えていました
そんなAの様子が気になり私はAに詳しく話を聞いてみました。
なんでもAは夢の中で柴菜葉草が探せなかったそうでそれで怯えていたようです
さすがにAが可哀想に思ったらしくBもネタばらしをしたところAは本気で怒っていました。
そして次の日の朝Bと私で話していると今度はCが柴菜葉草の夢を見たと言い怯えていました
私もBも作り話なんだから気にするなとCを励ましていました。
そしてHRが始まりました、先生が一番最初に話したのはAが事故に遭ったという話でした。
その時のCの顔は今でも忘れられないぐらいひきつり怯えた表情でした。

私は多少気味が悪かったもののAはなにかの偶然で事故にあっただけだと自分に言い聞かし
その日はBやCとも遊ばずに家に帰りました。
その晩の事です、私は最初AやCの事を馬鹿にしていたもののAが事故にあったという話を思い出しなかなか寝つけずにいました、しかし時間が経つにつれ眠気に襲われ気づけば私はぐっすり眠っていました。
次に私が気づいたときには私は夢の中の花畑に立っていました。
目の前には一人の男が立ち私に柴菜葉草を取ってこいと告げていました
私は必死で柴菜葉草を探しました、何時間も何時間もただ一本の花を探すために広大な花畑の中を走り回っていました、しかし柴菜葉草は見つけられませんでした。
そうしているうちに何か大きな音が聞こえてきました、それは目覚まし時計の音でした。
私はようやく夢から覚めることができると心のどこかで安堵していると同時に柴菜葉草を
見つけることもできなかったという恐怖にも襲われていました。
そうして目を覚まそうとした瞬間耳元で声がしました、その声はよく聞こえませんでしたが
「二十歳になったらお前をつれていく」そう聞こえたような気がしました。

朝から嫌な夢をみてしまったと思いつつもこの話は作り話だという心の支えを頼りに私は学校に行きました。
学校につくとHRが始まっていました、先生の口からは思いもよらない言葉がでてきました。

「昨晩Bが自宅で首を吊って発見された」
その言葉を聞いた瞬間私はこれまで感じたことのないような恐怖に体を震わせていました。
そしてAは怪我が酷く大きな病院に移るということで引越してしまいました。
その後の高校生活では特になにもなく卒業しましたが、最近Bが原因不明の病で亡くなり昨日葬儀が執り行われました
明日は私の二十歳の誕生日です、何事もなく明後日またここに書き込めることを願います。
紫菜葉草 = うそばなし
つまり嘘である。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1投票 合計1点)
Loading...Loading...

2016年12月15日 | 怖い話 | 9 Comments »

群馬県のとあるダムに行った時の話

群馬県のとあるダムに行った時の話

パチスロで負けたので、肝試し感覚で友達と2人で車で行ったのだが、何もおこらなかった。
で、友人が運転する帰りの車の中で「何もなかったねー」みたいな会話をしながら緩やかな山道を下ってたら

とつぜんフロントガラスに何かが降ってきておもいきりそれを撥ねた

あまりに突然の出来事だったので何が起こったのかわからなかったが、
急停止してそれを確認しようと二人で車を降りた瞬間、頭上から小さな音でカララララ・・・ピシャというガラスサッシを閉めるような音。
ふと見上げると崖の上に一軒の明かりがついた民家?民宿?が・・・どうやらあそこの住人が落としたらしい。
それと同時に友人の「うひぁおぅ!」という間抜けな悲鳴。

落ちてきたのは頭が半分しかないサルだった。

怖くてソッコー逃げたわ。フロントガラスに動物の体毛がこびりついていたからたぶん間違いない。
次の日、文句を言ってやろうと同じ道を走ったが正確な場所が思い出せない。サルの死体ももうなかった。
他の友達もあまり信じてくれないし結局泣き寝入りしたが・・・怪奇現象より人間がやることの方が恐ろしい事を認識した。


群馬怖えぇぜ

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1投票 合計2点)
Loading...Loading...

2016年12月12日 | 怖い話 | 6 Comments »

« 前のページ
次のページ »
  • 意味が分かると怖い話 (645)
  • 怖い話 (1,927)
  • 実際の事件 (29)
  • くねくね (9)
  • 怪談・都市伝説 (26)
  • 2ちゃんねるのスレッド (8)
  • その他 (4)
  • 心霊ちょっといい話 (19)

  • カテゴリについて

    評価の高いコピペ

    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    老人『本当にこれで若返れるのか?』
    ちょっとムシャクシャしてるから、ちょっと猫を虐待しようかと思う。
    ⇒もっと見る

    リンク

  • 怖いコピペBot(Twitter)
  • 意味怖コピペ評価順
  • 携帯版(QRコード)
  • RSS