怖い話のまとめと解説

怖い話を解説付きで紹介

オーストラリアの大学に留学していたK子さんは、夏休みを叔父の家で 過そうとハイウェーを車でとばしていた。

オーストラリアの大学に留学していたK子さんは、夏休みを叔父の家で
過そうとハイウェーを車でとばしていた。
途中で運悪くタイヤがパンクしてしまった為、車を脇に止めてタイヤ
交換を始めようとしたK子さんは、しばらく車を走らせながら辺りに
細心の注意を払っていた。
実はこの半年の間にハイウェーで女性ばかり3人が惨殺される連続殺人事件
が起こっており、マスコミも『ハイウェーの殺人鬼』と名づけて騒ぎになっ
ていたのである。犯人は未だ捕まっておらず、警察もハイウェーで不用意
に車を止めてはいけないと注意を促していた。

給油所を見つけたK子さんは、車を近づけてガッカリした。閉鎖中とある。
店内に行って見たがやはり誰も居ない。次の給油所まで100kmもある。
せめて電話がないかと探したが、撤去されていた。
(仕方がない。早く交換しないと暗くなってしまう)
K子さんは車に戻り、タイヤ交換を始めた。経験のあるK子さんは30分程
で交換を済ませてホッとしていた所、後ろから一台の大型バンがやって来た。
バンはK子さんの車の横でスピードを緩めたかと思うと
50m程前方で停止した。

バンから男が出て来た。男はK子さんの車を指差して「大丈夫か」と言う。
男の喋る英語はナマリがきつく、よく聞き取れなかったが「タイヤ交換を
終えたので大丈夫。ありがとう」とK子さんは答えた。
男はジッとK子さんを見つめて「オレの車で送るから乗れ」とかいう意味
のことを言った。
(とんでもない。見知らぬ男の車になんか絶対乗れるものか)恐くなった
K子さんは、慌てずに自分の車に近付いた。
すると男は車から離れて、こちらへ走ってくる。よく見えなかったが手に
ピストルを持っている様にも見えた。

すぐさま車に飛び込んだK子さんは、急発進で男から逃れた。
なんて事だ。まさか自分が『ハイウェーの殺人鬼』に出会うなんて。
バックミラーを見ると男もバンに飛び乗って追いかけてくる。

後ろからバンがクラクションを鳴らし、ライトを点滅させてくる。
バックミラーを覗くと男が運転席から何やら叫んでいた。
もう間違いない。あいつは『ハイウェーの殺人鬼』だ。
次の給油所は確か100km程先だ。それまでバンを引き離す自信が
無くなり掛けていたK子さんは、前方のハイウェーからそれた場所に
農家を見つけた。人の居る場所までは行けば、あいつも諦めるだろうと
K子さんは急ハンドルでハイウェーから出た。

後ろを振り返ったK子さんはゾッとした。バンが付いて来るのだ。
農家はもう目の前だった。ゲートを突き破って農家の庭に入ったK子さんは
車を止めて大声で助けを求めた。

家から男が出て来た。ゲートを壊されて激怒している男にK子さんは
変な男に追いかけられている、もしかすると『ハイウェーの殺人鬼』かも
しれないと説明した。
ビックリしている男とK子さんの前に、例のバンがやって来た。
男が「銃を持って来い!」と家の中に叫ぶと、奥さんが猟銃を持って出て来た。

バンから出て来た男は「オレじゃない、オレじゃない」と叫んでいた。
K子さんを指差して「アンタの車の中だ」と言う。

農家の夫婦とK子さんが、K子さんの車を覗くと後部シートの下に長髪の
白人の男が横たわってジッと見上げていた。


以上、オーストラリアから帰国した従姉妹から聞いた向うの都市伝説らしい。
日本も向うもパターンは同じなんだね。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (21投票 合計66点)
Loading...Loading...

2013年2月15日 | 怪談・都市伝説 | 47 Comments »

オカルトじゃないんだけど、某航空会社に勤めていた友達から聞いた話。

オカルトじゃないんだけど、某航空会社に勤めていた友達から聞いた話。
飛行機の中で、母親が赤ちゃんを連れてトイレに行った。
ところが、運悪く乱気流に巻き込まれて、
抱いていた赤ちゃんを便器に落としちゃったそうだ。
で、赤ちゃんが流されちゃったんだけど、
さすがに飛行中に救助する訳にもいかず、着陸後に調べて見たら、
赤ちゃんはトイレの消毒液で真っ青に染まっていたという。
聞いた時こえーと思ったけど、今にして思えば、

1、錯乱したであろう母親にどう対処したのか
2、保障問題はどうなったのか
3、そもそも赤ちゃんがあんな小さい便器に流されるのか

など疑問点が浮かび上がる。これって、都市伝説?

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (43投票 合計112点)
Loading...Loading...

2011年1月28日 | 怪談・都市伝説 | 42 Comments »

かんひも

僕の母の実家は、長野の山奥、信州新町ってとこから奥に入ってったとこなんですけど。僕がまだ小学校3、4年だったかな?その夏休みに、母の実家へ遊びに行ったんですよ。
そこは山と田んぼと畑しかなく、民家も数軒。交通も、村営のバスが朝と夕方の2回しか通らないようなとこです。
そんな何もないとこ、例年だったら行かないんですが、その年に限って、仲のいい友達が家族旅行でいなくて、両親について行きました。


行ってはみたものの・・・
案の定、何もありません。
デパートやお店に連れて行ってとねだっても、一番近いスーパー(しょぼい・・)でも車で1時間近くかかるため、父は「せっかくのんびりしに来たんだから」と連れて行ってくれません。


唯一救いだったのは、隣の家に、僕と同じ年くらいの男の子が遊びにきていたことでした。
あの年頃は不思議とすぐに仲良くなれるもので、僕と、K(仮にKくんとします)は、一緒に遊ぶようになりました。
遊ぶといっても、そんな田舎でやることは冒険ごっこ、近所の探検くらいしかありません。


1週間の予定で行って、確か3日目の夕方くらいだったと思います。
午後3時を過ぎて、日が落ち始めるころ。夏とはいえ、西に山を背負っていることもあるのでしょうか。田舎の日暮れっていうのは早いもんです。

僕とKは、今まで入ったことのない山に入っていってみました。
はじめは、人の通るような道を登っていたのですが、気がつくと、獣道のような細い道に入っていました。

「あれ、なんだろ?」

Kが指差す方を見ると、石碑?が建っていました。
里で見る道祖神ののような感じで、50センチくらいだったでしょうか。だいぶ風雨にさらされた感じで、苔むしていました。


僕とKは良く見ようと、手や落ちていた枝で、苔や泥を取り除いてみました。
やはり道祖神のような感じでしたが、何か感じが違いました。
普通の道祖神って、男女2人が仲良く寄り添って彫ってあるものですよね?
でもその石碑は、4人の人物が、立ったまま絡み合い、顔は苦悶の表情?そんな感じでした。

ぼくとKは薄気味悪くなり、「行こう!」と立ち上がりました。
あたりも大分薄暗く、僕は早く帰りたくなっていました。


「なんかある!」


僕がKの手を引いて歩き出そうとすると、Kが石碑の足下に何かあるのを見つけました。
古びた、4センチ四方くらいの木の箱です。半分地中に埋まって、斜め半分が出ていました。

「なんだろう?」

僕は嫌な感じがしたのですが、Kは、かまわずに木の箱を掘り出してしまいました。



取り出した木の箱はこれまた古く、あちこち腐ってボロボロになっていました。
表面には何か、布?のようなものを巻いた後があり、墨か何かで文字が書いてありました。
当然、読めはしませんでしたが、何かお経のような難しい漢字がいっぱい書いてありました。


「なんか入ってる!」


Kは箱の壊れた部分から、何かが覗いているのを見つけると、引っ張り出してみました。


なんて言うんですかね。ビロードっていうんでしょうか?黒くて艶々とした縄紐みたいなので結われた、腕輪のようなものでした。
直径10センチくらいだったかな?輪になっていて、5ヶ所、石のような物で止められていました。
石のような物はまん丸で、そこにもわけのわからん漢字が彫り付けてありました。

それはとても土の中に埋まっていたとは思えないほど艶々と光っていて、気味悪いながらもとても綺麗に見えました。




「これ、俺が先に見つけたから俺んの!」

Kはそう言うと、その腕輪をなんと腕にはめようとしました。

「やめなよ!」

僕はとてもいやな感じがして、半泣きになりながら止めたのですが、Kはやめようとはしませんでした。


「ケーーーーー!!!」



Kが腕輪をはめた瞬間に、奇妙な鳥?サル?妙な鳴き声がし、山の中にこだましました。
気が付くとあたりは真っ暗で、僕とKは気味悪くなり、慌てて飛んで帰りました。


家の近くまで来ると、僕とKは手を振ってそれぞれの家に入っていきました。
もうその時には、気味の悪い腕輪のことなど忘れていてのですが・・・。




電話が鳴ったのは夜も遅くでした。
10時を過ぎても、まだだらだらと起きていて、母に「早く寝なさい!」としかられていると。
「ジリリリーーン!」
けたたましく、昔ながらの黒電話が鳴り響きました。

「誰や、こんな夜更けに・・・」

爺ちゃんがぶつぶつ言いながら電話に出ました。
電話の相手はどおやらKの父ちゃんのようでした。
はたから見てても、晩酌で赤く染まった爺ちゃんの顔がサアっと青ざめていくのがわかりました。

電話を切ったあと、爺ちゃんがえらい勢いで寝転がっている僕のところに飛んできました。
僕を無理やりひき起こすと、

「A(僕の名)!!おま、今日、どこぞいきおった!!
 裏、行きおったんか!?山、登りよったんか?!」

爺ちゃんの剣幕にびっくりしながらも、僕は今日あったことを話しました。

騒ぎを聞きつけて台所や風呂から飛んできた、母とばあちゃんも話しを聞くと真っ青になっていました。


婆「あああ、まさか」
爺「・・・・かもしれん」
母「迷信じゃなかったの・・・?」


僕は何がなんだかわからず、ただ呆然としていました。父も、よくわけのわからない様子でしたが、爺、婆ちゃん、母の様子に聞くに聞けないようでした。



とりあえず、僕と爺ちゃん、婆ちゃんで、隣のKの家に行くことになりました。爺ちゃんは、出かける前にどこかに電話していました。
何かあってはと、父も行こうとしましたが、母と一緒に留守番となりました。

Kの家に入ると、今までかいだことのない嫌なにおいがしました。埃っぽいような、すっぱいような。今思うと、あれが死臭というやつなんでしょうか?

「おい!K!!しっかりしろ!」

奥の今からは、Kの父の怒鳴り声が聞こえていました。
爺ちゃんは、断りもせずにずかずかとKの家に入っていきました。婆ちゃんと僕も続きました。

居間に入ると、さらにあの匂いが強くなりました。
そこにKが横たわっていました。
そしてその脇で、Kの父ちゃん、母ちゃん、婆ちゃんが(Kの家は爺ちゃんがすでに亡くなって、婆ちゃんだけです)必死に何かをしていました。

Kは意識があるのかないのか、目は開けていましたが、焦点が定まらず、口は半開きで、泡で白っぽいよだれをだらだらと垂らしていました。


よくよく見ると、みんなはKの右腕から何かを外そうとしているようでした。
それはまぎれもなく、あの腕輪でした。
が、さっき見たときとは様子が違っていました。



綺麗な紐はほどけて、よく見ると、ほどけた1本1本が、Kの腕に刺さっているようでした。


Kの手は腕輪から先が黒くなっていました。
その黒いのは、見ていると動いているようで、まるで腕輪から刺さった糸が、Kの手の中で動いているようでした。


「かんひもじゃ!」


爺ちゃんは大きな声で叫ぶと、何を思ったかKの家の台所に走っていきました。
僕は、Kの手から目が離せません。
まるで、皮膚の下で無数の虫が這いまわっているようでした。

すぐに爺ちゃんが戻ってきました。
なんと、手には柳葉包丁を持っていました。

「何するんですか!?」

止めようとするKの父ちゃん母ちゃんを振り払って、爺ちゃんはKの婆ちゃんに叫びました。

「腕はもうダメじゃ!
まだ頭まではいっちょらん!!」



Kの婆ちゃんは泣きながら頷きました。
爺ちゃんは少し躊躇した後、包丁をKの腕につきたてました!
悲鳴を上げたのはKの両親だけで、Kはなんの反応も示しませんでした。





あの光景を僕は忘れられません。
Kの腕からは、血が一滴も出ませんでした。
代わりに、無数の髪の毛がぞわぞわと、傷口から外にこぼれ出てきました。
もう、手の中の黒いのも動いていませんでした。



しばらくすると、近くの寺(といってもかなり遠い)から、坊様が駆けつけて来ました。爺ちゃんが電話したのはこの寺のようでした。

坊様はKを寝室に移すと、一晩中読経をあげていました。
僕もKの前に読経を上げてもらい、その日は家に帰って、眠れない夜を過ごしました。




次の日、Kは顔も見せずに、朝早くから両親と一緒に帰って行きました。
地元の大きな病院に行くとのことでした。

爺ちゃんが言うには、腕はもうだめだということでした。
「頭まで行かずに良かった」と何度も言っていました。
僕は「かんひも」について爺ちゃんに聞いてみましたが、教えてはくれませんでした。

ただ、「髪被喪」と書いて「かんひも」と読むこと、あの道祖神は「阿苦(あく)」という名前だということだけは婆ちゃんから教えてもらいました。


古くから伝わるまじないのようなものなんでしょうか?
それ以来、爺ちゃんたちに会っても、聞くに聞けずにいます。

誰か、似たような物をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとありがたいです。


あれが頭までいっていたらどうなるのか・・・?

以上が、僕が「かんひも」について知っているすべてです。
失礼しました。







こんばんは。

僕も、書き込んでから、改めて気になり、この土日で、母の実家まで行って、自分なりに調べてみました。
残念ながら、爺ちゃんはすでに亡くなっているので、文献と、婆ちゃんの話からの推測の域をでませんが・・・
この年になって、久しぶりに辞書を片手に、頑張ってしまいました。



結論から言うと、どうやら「かんひも」はまじない系のようです。
それも、あまり良くない系統の。





昔、まだ村が集落だけで生活していて、他との関わりがあまりない頃です。
僕はあまり歴史とかに明るくないので、何時代とかはわかりませんでした。


その頃は、集落内での婚姻が主だったようで、やはり「血が濃くなる」ということがあったようです。
良く聞くように、「血が濃くなる」と、障害を持った子供が生まれて来ることが多くありました。

今のように科学や医学が発達していない時代。そのような子たちは「凶子(まがご)」と呼ばれて忌まれていたようです。
そして、凶子を産んだ女性も、「凶女(まがつめ)」と呼ばれていました。



しかし、やはり昔のことで、凶子が生まれても、生まれてすぐには分からずに、ある程度成長してから、凶子と分かる例が多かったようです。
そういう子たちは、その奇行から、やはりキツネ憑きなど、禍々しいものと考えられていました。
そして、その親子共々、集落内に災いを呼ぶとして、殺されたそうです。
しかも、その方法が、凶女に、わが子をその手で殺させ、さらにその凶女もとてもひどい方法で殺すという、いやな内容でした。

あまり詳しいことは分かりませんでしたが、伝わっていないということは余程ひどい内容だったのではないでしょうか?




しかし、凶女は、殺された後も集落に災いを及ぼすと考えられました。
そこで、例の「かんひも」の登場です。

「かんひも」は前にも書いたように、「髪被喪」と書きます。
つまり、「髪」のまじないで「喪(良くないこと・災い)」を「被」せるという事です。
どうやら、凶女の髪の束を使い、凶子の骨で作った珠で留め、特殊なまじないにしたようです。
そしてそれを、隣村(といっても当時はかなり離れていて交流はあまり無かったようですが)の地に埋めて、災いを他村に被せようとしたのです。

腕輪の形状をしていたものの、もともとはそういった呪詛的な意味の方が大きかったようです。
また、今回の物は腕輪でしたが、首輪などいろいろな形状があるようです。



しかし、呪いには必ず呪い返しが付き物です。
隣村が仕掛けられた「かんひも」に気がつくと、掘り返して、こちらの村に仕掛け返したそうです。
それを防ぐために生まれたのが道祖神「阿苦」です。


村人は、埋められた「かんひも」に気づくと、その上に「阿苦」を置いて封じました。
「阿苦」は本来「架苦」と呼ばれており、石碑に刻まれた人物に「苦」を「架」すことにより、村に再び災いが舞い戻ってくるのを防ごうと考えたのではないでしょうか。

そして、その隣村への道が、ちょうど裏山から続いていたそうです。
時の流れの中で、「かんひも」は穢れを失って、風化していったようですが、例の「かんひも」はまだ効力の残っていたものなのでしょうか?



僕の調べた範囲で分かったのはこのくらいです。
また、詳しい方などいましたら、ご教授願います。





最後に。
婆ちゃんに、気になっていたものの聞けなかったKのその後を聞きました。

Kは、あれから地元の大きな病院に連れて行かれました。
坊様の力か、そのころにはすでに髪は1本も残ってなく、刃物の切り口と、中身がスカスカの腕の皮だけになっていたそうです。

なんとか一命は取り留めたものの、Kは一生寝たきりとなってしまっていました。
医者の話では、脳に細かい、「髪の細さほどの無数の穴」が開いていたと・・・。



みなさんも、「かんひも」を見つけても、決して腕にはめたりなさいませんよう。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (153投票 合計618点)
Loading...Loading...

2010年12月28日 | 怪談・都市伝説 | 21 Comments »

鶴瓶の都市伝説

昔、鶴瓶がまだアフロだった頃のこと。
関西の深夜のローカル番組で心霊特集をやっていた。
そこへ3人組の女の子がやって来た・・・。

彼女達は心霊写真の相談にやって来た。
3人で撮った写真。
しかし、それは明らかに奇妙な写真であった。
白いモヤが彼女達の体の一部分を覆っていたのだ。
1人は足の部分、1人は腕の部分。
そして・・・
その後、そのモヤのかかった部分を事故で負傷した彼女達は、
気味が悪く相談にやって来たのだった・・・

3人は泣きながら鶴瓶達に助けを求めた。

その時

突然、天井から照明が落下。
3人目の彼女の頭に直撃、即死。

そう、写真には3人目の彼女の頭にモヤがかかっていたのだ・・・。
生放送中の出来事であった。
数年後、「いいとも」で鶴瓶が当時のことをタモリに語っていたという。



昔の鶴瓶の番組で、自分の頭がない心霊写真が撮れてしまって、一緒に映ってた友達だち(1人は手、1人は足が写ってなかった)が消えてる部分を事故で切断して亡くなってしまったという相談があった。
それに鶴瓶が「そんなの偶然だから、今すぐスタジオに来い」と言ったのだが女の子は断固拒否。
「タクシーをよこすから」と説得して母親と渋々来ることになって、スタジオ前に着いたのだが、タクシーから降りた瞬間、車に引かれ頭がもげて死んでしまった。
テンパった母親は叫びながら女の子の頭を持ってスタジオに乱入。
会場の悲鳴、一瞬生首映る、カメラは急いで天井を映す。
もちろんこの番組は放送打ち切り…
その後この話は業界ではタブーになっている。
 このように、笑福亭鶴瓶が司会をしていた「突然ガバチョ!」には何故か都市伝説が多い。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (244投票 合計815点)
Loading...Loading...

2010年11月14日 | 怪談・都市伝説 | 12 Comments »

テロ事件で崩壊したニューヨーク貿易センタービル(WTC)の住所はニューヨーク・クイーンズ通り・33番地だそうです。

9.11同時テロ
テロ事件で崩壊したニューヨーク貿易センタービル(WTC)の住所はニューヨーク・クイーンズ通り・33番地だそうです。略すとQ33NYとなります。次のことを試してみてください。かなり衝撃的です。

1.ワードを開く

2.半角大文字で「Q33NY」と打つ

3.打った文字を選択してサイズを最大の72にする

4.打った文字のフォントの設定をWingdingsに変える

六芒星はユダヤ教を象徴するマークであり、

9.11テロを起こしたアルカイダは反ユダヤ組織である。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (88投票 合計261点)
Loading...Loading...

2010年11月6日 | 怪談・都市伝説 | 11 Comments »

ある飛行機の乗客に赤ん坊を連れた夫婦がいた。

ある飛行機の乗客に赤ん坊を連れた夫婦がいた。
オランダからアメリカまでの長いフライトだったのだが、
その赤ん坊が乗った瞬間からずっと眠ったままだったのを不審に思った
スチュワーデスが、両親が眠っているときにピクリとも動かない
その赤ん坊を抱き上げて医者に見せに行ったら恐ろしい事件が発覚した。
この若い両親は実は夫婦でも何でもなく、麻薬を密輸していたのだ。
その方法というのが、死んだ赤ん坊をエンバーミングで綺麗なままの状態に
して、中をくりぬいて麻薬を詰めていたと言う訳。
 アメリカの有名な都市伝説である

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (47投票 合計156点)
Loading...Loading...

2010年11月1日 | 怪談・都市伝説 | 12 Comments »

鮫島事件

鹿児島県沖に浮かぶ鮫島。ここに5人の2ちゃんねらが遊びに来た。
しかし、彼らはそのまま行方不明に。
ついには鮫島周辺の捜査が行われたが、彼らを発見する事は出来なかった。
やがて半年ほど後。
そのうちの四人は白骨死体となって発見され、それぞれにゆかりの場所へと送り届けられた。
しかし、公安関係者の身内とされる最後の一人の行方は、杳として知れないままだった。

そして、四人の遺骨が送り届けられた翌日、2ちゃんねるに最後の一人と思われる人物の書き込みがなされた。


「鮫島にいる」


と。
しかし、このとき2ちゃんねるは投稿者のIPを記録するシステムをとっておらず、果たしてこの投稿者が最後の一人なのかどうかを判断する事が出来なかった。
その後、再び捜査班が鮫島に入ったところ、この最後の一人と思われる人物の死体を発見した。その死体は動物に食い荒らされ、激しく損傷していたがその中には人間のものと思われる歯形も残されており、また頚部には圧迫されたような痕跡があったという。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (108投票 合計367点)
Loading...Loading...

2010年10月31日 | 怪談・都市伝説 | 37 Comments »

牛の首

最近まで只の噂と思っていた怪談なのですが 、とある口伝でこのような話を仕入れてしまいました。 自分だけ聞いておくにはまことに惜しい話なのでお伝えいたします。
それは、『牛の首』でございます。

牛の首の怪談とは、この世の中で一番怖く、また有名な怪談であるが、あまりの怖 さ 故に、語った者、聞いた者には死が訪れる。よってその話がどんなものかは誰も知 ら ない、という話 。
私も長い間はこんなのは嘘だ出鱈目だ一人歩きした怪談話さと、鷹を括っていたんですが・・・ まあお聞きください。

明治初期、廃藩置県に伴って、全国の検地と人口調査が行われた。これは地価に基づく定額金納制度と、徴兵による常備軍を確立するためであった。
東北地方において、廃墟となった村を調査した役人は、大木の根本に埋められた大量の人骨と牛の頭らしき動物の骨を発見した。調査台帳には特記事項としてその数を記し、検地を終えると、そこから一番近い南村へと調査を移した。
その南村での調査を終え、村はずれにある宿に泊まった役人は、この村に来る前に出くわした、不可解な骨のことを夕食の席で、宿の主人に尋ねた。
宿の主人は、関係あるかどうかは分からないが・・・と前置きをして次の話を語っ た。

以下はその言葉を書き取ったものであります。

天保3年より数年にわたり大飢饉が襲った。俗に言われる天保の大飢饉である。
当時の農書によると「倒れた馬にかぶりついて生肉を食い、行き倒れとなった死体を野犬や鳥が食いちぎる。親子兄弟においては、情けもなく、食物を奪い合い、畜生道 にも劣る」といった悲惨な状況であった。

天保4年の晩秋、夜も更けた頃、この南村に異形の者が迷い込んできた。
ふらふらとさまよい歩くその躰は人であるが、頭部はまさしく牛のそれであった。
数人の村人がつかまえようとしたその時、松明を手にした隣村のものが十数人現れ、鬼気迫る形相にて、

「牛追いの祭りじゃ、他言は無用」

と口々に叫びながら、その異形の者を捕らえ、闇に消えていった。
翌日には村中でその話がひそひそと広がったが、誰も隣村まで確認しにいく者はいなかった。また、その日食うものもない飢饉の有様では、実際にそれどころではなかた。

翌年には、秋田藩より徳政令が出され、年貢の軽減が行われた。
その折に隣村まで行った者の話によると、すでにその村に人や家畜の気配はなかったとのことだった。それ以後、「牛の村」とその村は呼ばれたが、近づく者もおらず、今は久しく、その名を呼ぶ者もいない。

重苦しい雰囲気の中で宿の主人は話し終え、そそくさと後片づけのために席を立った。
役人はその場での解釈は避け、役所に戻り、調査台帳をまとめ終えた頃、懇意にしていた職場の先輩に意見を求めた。
先輩は天保年間の村民台帳を調べながら考えを述べた。

大飢饉の時には、餓死した者を家族が食した例は聞いたことがある。
しかし、その大木のあった村では、遺骸だけではなく、弱った者から食らったのであろう。
そして生き人を食らう罪悪感を少しでも減らすため、牛追いの祭りと称し、牛の頭皮をかぶせた者を狩ったのではなかろうか。
おまえの見た人骨の数を考えるとほぼその村全員に相当する。
牛骨も家畜の数と一致する。
飢饉の悲惨さは筆舌に尽くしがたい。
村民はもちろん親兄弟も、凄まじき修羅と化し、その様はもはや人の営みとは呼べぬものであったろう。
このことは誰にも語らず、その村の記録は破棄し、廃村として届けよ。

また南村に咎を求めることもできまい。
人が食い合う悲惨さは繰り返されてはならないが、この事が話されるのもはばかりあることであろう。
この言葉を深く胸に受け止めた役人は、それ以後、誰にもこの話は語らず、心の奥底にしまい込んだ。

日露戦争が激化する頃、病の床についたこの男は、戦乱の世を憂い、枕元に孫たちを呼び寄せ、切々とこの話を語ったという。
この孫の中の一人が、自分である。
当時は気づかなかったが、祖父が亡くなった後に分かったことがあった。
何の関係もないと思われた南村の者が、隣村の民全員を牛追いの祭りと称して狩り、食らったのが真実である。そうでなければ全員の骨を誰が埋められるものか・・・

それゆえ、牛の首の話は、繰り返されてはならない事だが、話されてもならない話であり、呪いの言葉が付くようになった。
誰の口にも上らず、内容も分からぬはずであるが、多くの人々が「牛の首」の話を知っている。物事の本質をついた話は、それ自体に魂が宿り、広く人の間に広まっていくものである。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (52投票 合計189点)
Loading...Loading...

2010年10月30日 | 怪談・都市伝説 | 12 Comments »

« 前のページ
  • 意味が分かると怖い話 (645)
  • 怖い話 (1,927)
  • 実際の事件 (29)
  • くねくね (9)
  • 怪談・都市伝説 (26)
  • 2ちゃんねるのスレッド (8)
  • その他 (4)
  • 心霊ちょっといい話 (19)

  • カテゴリについて

    評価の高いコピペ

    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    老人『本当にこれで若返れるのか?』
    ちょっとムシャクシャしてるから、ちょっと猫を虐待しようかと思う。
    ⇒もっと見る

    リンク

  • 怖いコピペBot(Twitter)
  • 意味怖コピペ評価順
  • 携帯版(QRコード)
  • RSS